Q

Webディレクターの仕事内容について知りたいです

A

Webディレクターは、Webコンテンツのプロジェクトを管理する仕事です。ここでは、Webディレクターの仕事内容や必要なスキルについてご紹介します。

テクニカルカウンセラー 渡邉 将弘

詳しい解説はこちら

Webディレクターの仕事内容とは

 

Webディレクターは、顧客の要望と制作スタッフをまとめ、プロジェクトを管理する仕事です。主に、プロジェクトメンバーの人選をはじめ、スケジュール設計、調整、品質管理、顧客と制作スタッフの橋渡しなどを行います。また、企画書の立案、取材、撮影などを行うWebプランナーや、システムの要件定義、SEO施策などを行うテクニカルディレクターの業務を兼務することも。業界や会社の規模によって携わる業務に違いがありますが、Webディレクターはプロジェクトを管理する「Webコンテンツ制作の責任者」と言えるでしょう。
一般的には、「企画系(マーケティング系)」「アート・クリエイティブ系」「システム系」「営業系」という4つのタイプに分類されています。

 

Webディレクターが身につけておくべきスキル

 

Webディレクターには、プロジェクトがスムーズに進められるように管理する進行管理スキルと、コミュニケーションスキルが求められます。Webディレクターは複数のプロジェクトを同時に担当することが多いため、納期に合わせたスケジュールを組立て、それぞれのプロジェクトをスケジュール通りに進行する能力が必要です。また、顧客の言葉から要望を正確に理解し、制作スタッフと認識を共有することも重要な仕事の一つ。情報を正しく共有するためには、高いコミュニケーションスキルが求められます。さらに、見積書や資料の作成スキル、プレゼンテーションスキルといった顧客へわかりやすく提案するためのスキルなど、さまざまなスキルを身につけておくと実務で役立つでしょう。
ほかにも、プログラマーやデザイナーといった制作スタッフに適切な指示を出すために、技術的な知識も必要。デザインやコーディング、SEOなど、担当するプロジェクトの分野に応じた知識を習得していることが望ましいでしょう。

 

プロジェクトにどのように関わるのか

 

Webサイトの制作工程は、大きく「企画」「制作」「公開」に分けられます。Webディレクターは、実際にどのような流れで業務に携わるのでしょうか。

■企画
まずはじめに、Webサイトを制作する目的、ターゲット、細かい要望などについて、顧客と打ち合わせます。さらに、納期までのスケジュール、見積もりなど、仕上がりまでの細かい調整を行い、全体像を明確に決定。ここで決定した内容を制作チームに伝え制作に移るため、最も重要な工程と言えるでしょう。
■制作
Webディレクターは、プログラマやデザイナーなどの制作スタッフに顧客の要望を伝え、スケジュール管理やコンテンツの品質管理を行います。プロジェクトによっては、撮影や取材、テキスト制作に携わる場合も。スタッフ一人ひとりとコミュニケーションを図り、チームやプロジェクト全体を把握します。
■運用
Webサイトの完成後、誤字脱字や動作の確認を行い、顧客の最終確認をもらいます。公開後は、ユーザーリサーチやアクセス解析などを実施し、改善を繰り返し運用をサポート。プロジェクトによって、顧客自らが行う場合もあります。

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報