Q

Webディレクターのスキルを独学で身につける勉強法にはどのようなものがありますか

A

資格取得のための勉強をしたり、書籍や講座を利用したりすることで、実務で求められる専門的な知識やスキルを身につけることができるでしょう。

テクニカルカウンセラー 高橋 亜矢

詳しい解説はこちら

実務で役立つスキルを独学で習得

Webディレクターは、デザイナーやプログラマーといった制作スタッフをまとめ、顧客の要望に沿った成果物を納品できるよう管理する立場です。スケジュールの管理を中心に、品質や全体の構成、スタッフなどの管理を行うため、コミュニケーションスキルだけではなく、専門的な知識も求められます。

■専門的なスキル

特定の資格を必要としないWebディレクターですが、スムーズに業務を進めるために、専門的なスキルや知識の取得は必要になります。独学で身につけるためには、Webディレクター試験やWebアナリスト検定などの資格を取得するのもひとつの方法です。資格を取得することで、専門的な用語や知識を習得できるだけではなく、自らのスキルを示しやすいというメリットもあります。Web業界のキャリアがある方でも、自らの知識やスキルを再確認することができるため、資格の勉強をする方もいます。また、自分でサイトを作成することで、プログラミングやWebに関するスキルを実際に確認する方法もあります。

■実務で役立つスキル

納期を守りながら顧客の要望に応えるため、スケジュール管理能力やコミュニケーションスキルが求められます。また、顧客に分かりやすく伝えるプレゼンテーション能力や企画力、文章力も必要となるでしょう。その独学の方法には営業マン向けのビジネス講座や、Webディレクター向けの書籍の利用などが挙げられます。さらに、企画会議に出席したり、顧客のもとに積極的に赴き実践で覚えたりすることで、より効果的に身につけることができるでしょう。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「憧れのゲームタイトルの制作に携わりたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

"

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報