オンラインカウンセリング実施中

Q

クリエイティブディレクターに必要なスキルを教えてください。

A

クリエイティブディレクターは、コミュニケーションスキルやマネジメント能力が必要です。クリエイター未経験の人は、まずはデザイナーやコピーライターなどとして経験を積んでからクリエイティブディレクターを目指しましょう。

テクニカルカウンセラー 渡邉 将弘

詳しい解説はこちら

目次

1. クリエイティブディレクターとは
2. クリエイティブディレクターに必要なスキル
3. クリエイティブディレクターになるには

 

1. クリエイティブディレクターとは

クリエイティブディレクターは、主に広告の制作現場でプロジェクトの指揮管理を担う職種です。

企業によって仕事内容は異なりますが、下記の例が挙げられます。

・クライアントから要望のヒアリング
・広告デザインをクライアントに提案
・プロジェクトメンバーの選定
・制作物の品質管理
・スケジュール、予算管理

クリエイティブディレクターと似ている職種にアートディレクターがありますが、役割に違いがあります。

・クリエイティブディレクター:主にプロジェクトの進行管理を担当
・アートディレクター:主に制作物の品質管理を担当

クリエイティブディレクターとアートディレクターの具体的な業務内容は企業によって異なり、両職種を兼任することもあります。

 

2. クリエイティブディレクターに必要なスキル

クリエイティブディレクターは、コミュニケーションスキルやマネジメント能力が必要です。
 

コミュニケーションスキル

クライアントのニーズを的確に把握したり、根拠を明確にして提案したりするスキルが求められます。そのほか、プロジェクトメンバーの意見に傾聴し、方針を論理的に説明する姿勢も大事になるでしょう。

普段から相手の立場に立って考えることを心がけている人は、クライアントやプロジェクトメンバーとのコミュニケーションをスムーズにとれると考えられます。
 

マネジメント能力

クリエイティブディレクターは、予算・スケジュール管理のほか、メンバーのモチベーション管理も担う職種です。マルチタスクをこなしつつ、全体を俯瞰してスケジュール調整などを臨機応変に行う必要があります。

スムーズにプロジェクトを進めるには、全体を統率するためのリーダーシップも大事になるでしょう。
 

3. クリエイティブディレクターになるには

クリエイティブディレクターの求人では基本的にクリエイター経験が求められるため、まずはデザイナーやコピーライターなどとして実務に携わりましょう。

クリエイター未経験の場合、下記の方法でデザイナーやコピーライターを目指してください。 

未経験OKの企業に応募する

デザイナーやコピーライターは、未経験者も応募できる求人があります。

未経験OKのデザイナー求人の場合、企業によっては「歓迎スキル」としてIllustratorやPhotoshopといったグラフィックツールのスキルを挙げているところがあります。求人内容をよく確認し、該当するものはしっかりアピールしましょう。

関連記事:「Webデザイナーになりたい人必見!未経験からWebデザイナーになる為の実践的フロー」
 

独学かスクール・セミナーで基礎を身につける

就活時のアピール材料がほしい人は、書籍やWebサイトを活用し、事前に基礎知識を身につけるのも一つの手です。独学に不安がある人は、スクール・セミナーを活用する方法があります。

たとえばWebデザイナーを目指すなら、デザインの知識のほか、PhotoshopやIllustratorのスキルを身につけるとよいでしょう。事前に知識・スキルを身につければ就活時の自己PRに役立つほか、入社後の業務にも活かせます。

関連記事:「Photoshopの勉強について」
関連記事:「Illustratorの勉強について」
関連記事:「独学でデザインを学ぶときに役立つサイト」

※本記事は2019年10月時点の情報を基に執筆しております。

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報