広告 グラフィックデザイナー 求人 の求人・案件一覧

該当件数 128

『転職活動で評価されるポートフォリオの作り方』
Webデザイナーにとってのポートフォリオは、第一印象を決める顔であると同時に、大事な資産の一覧表。採用側はポートフォリオサイトのデザインも含めて「作品」として見ているため、ポートフォリオサイトを作成するときはWebサイト作成サービスの利用がおすすめです。ポートフォリオには、制作に携わったWebサイト名やサイトのキャプチャ、担当した作業、制作期間、コンセプト、工夫点などを載せましょう。なお、レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを実施。「自分のポートフォリオで問題ないか不安」という方はぜひご相談ください。

『【職種図鑑】エフェクトデザイナー』
エフェクトデザイナーの業務内容は、ゲームの演出に関わるモーション・グラフィックスを制作すること。エフェクトデザイナーは、MayaやAfter Effectsを用いたグラフィック制作スキルなどが必要です。エフェクトデザイナーに関連する資格の1つにCGクリエイター検定があり、取得しておくと業務に活かせるかもしれません。なお、レバテッククリエイターでは、Web・ゲーム業界特化のフリーランス・派遣の案件提案サービスを実施。専任のフォロワーが参画中も定期的にコンタクトを取り、現状をヒアリングした上で適切なサポートを行います。

『ゲームプランナーに関する資格にはどんなものが?』
ゲームプランナーになるために必要な資格は特にありません。資格よりも実績が重視される職種ではありますが、取得することで知識やスキルのアピールになるものも。例えば、英語力が身についている証明となるTOEICやOffice系ソフトのスキルを示せるMicrosoft Office Specialist(MOS)、IT全般の知識が身につく情報処理技術者試験などが挙げられます。レバテッククリエイターでは、業界に精通したアドバイザーによる案件のご提案を行っています。希望する職種や案件ではどの程度のスキルが求められるのか…といった情報を知りたい方は、お気軽にご相談ください。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

人気の言語の求人・案件情報