フリーランスのイラストレーターがキャラクターデザイナーになるには

イラストレーターの中でも、特に人気を集めているのがゲームのキャラクターデザインの案件。キャラクターデザイナーは、自分が手がけたキャラクターがアプリやゲームの顔となり、ユーザーを楽しませることができるやりがいのある仕事です。
 
有名なゲームに魅力的なキャラクターはつきもの。ゆえに、キャラクターデザイナーはゲーム開発の現場でも、極めて重要なポジションだといえます。
 
しかし、フリーランスイラストレーターが未経験でキャラクターデザインの仕事に採用されるのは、なかなか難しいのが現状のようです。そこで今回は、「フリーランスのイラストレーターがキャラクターデザイナーになるにはどうすればよいのか」という疑問にお答えします。

そもそも「キャラクターデザイナー」とは、どのような仕事か?

一口に「キャラクターデザイナー」と言っても、業界によって仕事の内容はさまざまです。ゲーム、アニメのキャラクターから、企業や製品のイメージキャラクター、地方のゆるキャラまで、手がけるコンテンツは多岐にわたります。
 
ここでは主に「ゲームのキャラクターをデザインする仕事」、略して「キャラデザ」の仕事内容についてご紹介していきます。

キャラクターデザイナーは、プランナーが作成した企画書に書かれた世界観に沿って、キャラクター本体や、その服装・武器などのアイテムをデザインします。ゲームには、ファンタジー、学園モノ、パズルなど様々なジャンルがありますが、キャラデザは、実際のゲームの中でキャラクターを「動かす」ということを前提にデザインすることがポイントです。

キャラクターデザイナーは元のイラストであるデザイン画を描くのに対し、イラストレーターの仕事は、デザイン画をまとめた設定資料を元に、パーツや背景の彩色、線画などを「増やす」ことに比重を置いています。

キャラクターデザイナーに求められるスキルや経験としては、以下のものが挙げられます。

・イラストを作成するためのデッサン力や、Photoshop、Illustratorなどの使用経験
・ゲームのコンセプトを理解して適切なデザインに落としこむ力
・ゲーム業界でのイラスト作成経験


つまり、キャラクターデザイナーになるには画力だけでなく、開発メンバーと協力して物を作り上げていけるコミュニケーション力やチームワーク力などが必要になるということです。

キャラクターデザイナーになるためのキャリアステップ

それでは、現在キャラクターデザイナーとして活躍している人達は、どのようにしてそのポジションに至ったのでしょうか。

ポピュラーなのは、まずはゲーム会社にグラフィックデザイナーとして入社する方法です。着色や線画等の仕事の経験を積んだのち、キャラデザ担当としてアサインされるチャンスがあります。

手がけたゲームがヒットし、続編や新作が出るにつれて、キャラクターデザイナーとして知名度は上がっていくでしょう。「ファイナルファンタジーXII」や「リトルノア」を手がけた元スクウェア・エニックスの吉田明彦さんなどがこの例にあたります。


また、ゲーム会社への就職以外では、著名な漫画家やフリーのイラストレーターがゲストメンバーとして呼ばれる場合もあります。「テイルズ」シリーズの藤島康介さんや、いのまたむつみさんが代表的な例です。

フリーランスのイラストレーターがキャラクターデザイナーを目指す方法

では、ゲーム会社に所属していないフリーランスイラストレーターがキャラクターデザイナーになるには、どうすればよいのでしょうか。ここは、フリーランスイラストレーターが持つ2つの特徴を活かすことをおすすめします。 

参画先を変えることで、様々な開発環境を経験できる

1つ目は、複数の案件に参画することによって、多様な開発環境を経験できることです。さまざまなゲーム会社で、着色や線画を担当して経験を積みます。キャラクターデザイナーを目指していきなり自分の絵柄を売り込むのではなく、まずはイラストレーターとして参画し、各社の仕事場でチーフデザイナーから技術を学ぶのです。 

自分の時間を作りやすいので、ポートフォリオを充実させることができる

1.の方法だけだと、パーツの作成や着色の技術は身についても、自身の画力向上を見込めないのではないかと心配になる方もいるでしょう。そこで、フリーランスイラストレーターのもう1つの強み、自分の時間を確保しやすいことを活かします。その時間で、オリジナルイラストを描き、ポートフォリオを充実させたり、画風を磨いたりしましょう。

そして、複数の会社でイラスト制作の経験を積み、ポートフォリオを充実させてきたところで、いよいよキャラクターデザイナーの案件に参画します。実はゲーム業界には、制作コスト等の問題から、ときどき未経験可のキャラクターデザイナー募集があるのです。

ただし、そういった案件の数はあまり多くないので、つねに情報をチェックして応募のタイミングを逃さないようにしましょう。企業の採用ページやフリーランス向けの案件情報サイトなどに、欠かさず目を通すことが大切です。

まとめ

フリーランスイラストレーターからキャラクターデザイナーになるには、いくつかのステップが必要になります。しかし、きちんと経験を積み、準備をしたうえで挑戦することができれば、きっとキャラクターデザイナーとしての道が開けてくるでしょう。 

Web・ゲーム業界の求人・案件に興味がある方へ

Web・ゲーム業界のクリエイター専門

レバテックに相談する3つのメリット

  • 01

    業界最大級の

    案件保有数

  • 02

    業界内最高レベルの

    高単価

  • 03

    参画後まで丁寧な

    サポート

あなたにぴったりの案件をご提案いたします