2018年1月29日

手ぶれ補正機能を使いこなしたい方に。気になるTipsを確認しよう!

痒いところに手が届く!photoshop手ぶれ補正チュートリアルまとめ

痒いところに手が届く!photoshop手ぶれ補正チュートリアルまとめ

「せっかくの写真が手ぶれしてしまっている」「手書きの線のぶれが気になる」という方はいませんか?ここでは、photoshopの手ぶれ補正機能についてまとめてある記事を紹介しています。ぜひチェックして、今後のお仕事に活かしてみてくださいね。
 

(1)Photoshopで後から手ぶれを補正


デザインに用いる写真の中には、「構図はバッチリなのに手ぶれがちょっと気になる…」というものもあります。
そんなときに頼りになるのがPhotoshop CCの手ぶれ補正機能。
"ブレを軽減するフィルター"をかけると、それほど気にならないレベルまで手ぶれを補正をすることができます。

旅行写真家の有賀正博さんのブログ『旅するフォトグラファー』には、その具体例を紹介した《Photoshopで後から手ぶれを補正》という記事が載っているので、その効果の高さを伺い知ることができますよ!

また、有賀さんのブログにはフォトグラファーならではの美しい写真や、PCと画像ソフトに関する記事なども数多く掲載されています。
アクセスすると、デザインワークの参考になる情報が得られることでしょう。
上記の記事と併せて、ぜひ他の記事もチェックしてみてくださいね!

【参照元】
https://www.photo-yatra.tokyo/blog/archives/596

 

(2)Photoshop CC 20018 に手ぶれ補正が来た


『KIWAMIDEN』は、フリーランスのCG・クリエイターとして活躍しているたっくんさんとけいすけさんのブログです。
CG関連のトピックやカジェットレビューなどの記事が満載ですが、その中にはPhotoshop CCの手ぶれ補正機能を試した動画がアップされた《Photoshop CC 20018 に手ぶれ補正が来た!!》という記事もありました!

手書きで線を描くとどうしても小さなぶれが起きてしまいますが、Photoshopの手ぶれ補正機能を使うと、それをナチュラルに修正することが可能。
そこでこの記事では、手ぶれ補正を滑らかさ10%や100%に設定して渦巻きを描いたときの動画をアップし、その効果を証明してくれています。
また、ロープガイドラインモードやストロークのキャッチアップといったオプション機能の紹介動画も載っているので、目を通しておくと、デザインワークの参考になることでしょう。

手ぶれ補正機能を使いこなせば、Photoshopでのイラスト制作が楽になるはずです。
素晴らしい作品を生み出すためにも、ぜひこの機能を活用してみてくださいね!

【参照元】
https://kiwamiden.com/shake-stabilization-came-to-photoshop-cc-20018

 

(3)Photoshop CCの新シャープ「ぶれの軽減」


「撮った写真を後で良く見てみたら、手ぶれが…」という経験をしたことがある方も多いのではないでしょうか?
そこで役立つのが"PhotoshopCC"の新しい機能である、"ぶれの軽減"というもの。
ブログ『デジタル@備忘録』の中にある、《Photoshop CCの新シャープ「ぶれの軽減」を手ブレした夜景写真に使ったら驚きの効果でした。》という記事にその効果が記載されていました。

記事を書いているのは、フォトグラファーとして活躍しているOrcaさん。
彼曰く、"ぶれの軽減"の効果が良く分かったのは夜景の写真なのだそうです。
ほとんど自動で処理をしてくれるそうで、手動で処理する箇所を選択する必要がないのが便利なポイントの1つといえるでしょう。
記事には、実際のビフォーアフターの写真が掲載されており、その効果には目を見張るものがあります。
どれほどの効果か知りたい方は、ぜひ記事にアクセスしてみてくださいね。
この"ぶれの軽減"があれば、今後手ぶれをしても心配する必要がなくなりそうです。

ブログには、その他にもPhotoshopやカメラ、写真に関する情報が満載。
実際に使える情報ばかりですので、スキマ時間を見つけてチェックしてみてはいかがでしょう。

【参照元】
http://digibibo.com/blog-entry-2937.html

 

(4)Photoshopで手ブレ画像・写真をシャープに補正


撮影した写真の手ぶれを"Photoshop"で処理する方法を探している方は、《Photoshopで手ブレ画像・写真をシャープに補正する方法》に目を通してみるのはいかがですか?
この記事を書いた渚ひろしさんが、実際に撮影した写真を使って手ぶれ補正の方法を紹介してくれています。

渚さんが今回使用しているのは、"Photoshop"の"スマートシャープ"という機能。
"スマートシャープ"では、量・半径・除去の3項目を指定することで手ぶれを補正できるのだそうです。
記事には上記の3項目についても説明されているので、どの項目がどのような効果をもたらすものなのか知ることができます。
「なかなか上手に手ぶれ補正ができない」という場合は、それぞれの項目を今一度確認することで綺麗に手ぶれを補正できるようになれそうです。

この記事が掲載されているのは、『オレ物語!!』という渚さんが運営するブログ。
ネットビジネスに関する情報が多く綴られていますので、今後に活かせる情報が手に入るかもしれませんよ。

【参照元】http://nagihiro.com/design/tebure/

 

(5)Photoshopハイパスフィルターが凄い!


大幅な手ぶれ補正ではなく、ピンぼけをして曖昧になっている輪郭を補正する際に使用してみたいのが"PhotoshopCC"の"ハイパスフィルター"。
《Photoshopハイパスフィルターが凄い!写真がもっとクッキリとクリアに変わる!》という記事によると、ぼやけた写真をメリハリのあるくっきりとした輪郭の写真に補正できる機能なのだそうです。

記事には手順が写真付きで紹介されているため、何をしたら良いのか途中で分からなくなるといった心配はありません。
また、"ハイパスフィルター"でくっきりさせた後に、よりクオリティーを上げる方法も同時に紹介されていますので、初心者の方でも納得のいく写真にできあがるでしょう。
"ハイパスフィルター"を使用することによって写真がどれほどくっきり鮮明になるのかは、実際に記事を確認してみてくださいね。

この記事が載っているのは、tanimanaさんが運営している『PhotoPic』
補正に関すること以外にも、ダイナミックな北海道の写真をはじめ、撮影スポットの紹介や登山の記録などが掲載されています。
すぐにでも北海道に足を伸ばしたくなるような、そんな北海道愛に溢れたブログにぜひ一度アクセスしてみてください。

【参照元】
http://photo-pic.org/hipas20170329/

 

(6)[Photoshop] 手ブレによるピンボケ写真を補正


《[Photoshop] 手ブレによるピンボケ写真を補正する方法》では、ピンボケしてしまった写真をどうやって補正するのか、その解決策を提示されていましたよ!

通常、ブログに載せる写真はiPhoneで撮影するという筆者。
ときにシャッター音を発せない場所で使用するというアプリ「シンプル無音カメラ」は、手ブレしやすくどうしても写真がピンボケしてしまうのだそうです。
でも、Photoshop CCで補正することで、ぐんと画像が鮮明になるのだとか!

使用する機能はいくつかあり、例えば、「ぶれの軽減」という新規追加のフィルターを使用する場合は、個別調整も可能とのことです。
その他、「アンシャープマスク」や「トーンカーブ」の機能についても、スクショ付きでフローを紹介されています。
詳しい画像補正の方法と機能の使い方は、記事を確認してみてください。
補正完了後の写真もアップされているので、ピンボケ状態の画像のビフォー&アフターをぜひ比べて見てみてくださいね。

この記事がアップされていたのは、『ハブログ』
福岡のWebデザイン事務所が運営するブログだけあって、Web関連の専門的な情報に加え、商品のレビューや地域ネタなど見応えある記事が豊富にアップされています。
くまなくチェックすることで、あなたの知識を広げるために役立つ情報が見つかるかもしれません。

【参照元】
https://hubworks.jp/archives/11152/

 

(7)「ぶれの軽減」フィルターがすごいのでテストしてみる


『かめらと。』は、カメラの機能・機材レビュー、撮影に行ったスポットなど、カメラに関する情報を発信しているサイト。

その中の《写真の手振れが補正できる!「ぶれの軽減」フィルターがすごいのでテストしてみる。 [Photoshop CC 機能紹介]》の記事では、Photoshop CCの手ブレ機能をテストした結果をアップし、補正前と補正後でどう変化したのかがわかりやすく比較してあります。

変化がハッキリとわかる、部分的な拡大画像も添付してあり、より手ぶれ修正機能のすごさを実感できますよ。

また、手ぶれ機能と相性の良いおすすめの素材と、相性の悪い素材について書かれているのも嬉しいポイント!
詳細を知りたい方はぜひ目を通してみてくださいね。

【参照元】
https://camera10.me/blog/tips/software/photoshop/camera-shake-reduction

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!