2018年2月07日

あなたのペンタブ選びの参考に!

まるで紙のような描き心地!PC上でのクリエティブ活動をアシストしてくれるペンタブ特集

まるで紙のような描き心地!PC上でのクリエティブ活動をアシストしてくれるペンタブ特集

自分好みのペンタブ探しに奮闘している方、今お探しの条件をクリアできる製品は見つかりそうでしょうか。さまざまな製品が世に出ていますが、たとえ同じメーカーであっても機種が違うだけでそのスペックや強みなどはさまざま。

いかにご自身の使用目的や希望にマッチしているのかを考慮するのも、納得のいくペンタブ探しに繋がりそうです。そこで、ここでは製品の紹介やレビューが綴られているペンタブ探しの参考になりそうな記事を紹介したいと思います。
 

(1)ペンタブを買ったぞ!初心者がイラストを描き上げるまで


世間にはさまざまなメーカーからペンタブが発売されているため、「何を選べばいいか分からない」という方も多いことでしょう。
それは、初めてペンタブを買う方なら尚更なはず。
《ペンタブを買ったぞ!初心者がイラストを描き上げるまで》という記事には、"Wacom"のペンタブが紹介されていました。

ブログ『さくらさくころ』の運営者であるフリーライターの七尾なおさんは人気や値段を考慮した上で"Intuos Comic"を購入したそうですが、初心者向けには"Intuos Draw"というペンタブもあるのだそう。
ペンタブが初めてで扱いきれるか不安な方は、"Intuos Draw"を選んでみるのもいいかもしれません。
なお、七尾さんが選んだ"Intuos Comic"にはお絵かきソフト"CLIP STUDIO PAINT PRO"のライセンスが2年分ついてくるそうで、すぐにイラストを描き始められるのが魅力的ですね。
記事中にはその他、七尾さん流のイラストを描く手順やペンタブのメリットなどが綴られているので、ぜひ目を通してみてください。

ブログには今回紹介した記事以外にも、体験レポや商品レビュー、子育てなどに関する記事がラインナップ。
一度覗いてみることで、毎日が楽しくなる情報が手に入れられるかもしれませんよ!

【参照元】
https://nanaonao.com/pentabutyrate_kattayo/

 

(2)ワコム製Intuos Drawとプリンストンを比較してみた


ペンタブは、PCを使ってイラスト制作をするときに便利なアイテム。
デザイナーはもちろん、最近ではブロガーの間でもユーザーが増えていますが、その多くがワコム社製のペンタブを購入しているようです。
とはいえ、やはり他社製品も気になりませんか?
そんな方のために、ここではワコム社の"Intuos Draw"と、プリンストン社の"PTB-STRP1"とを比較した感想が書かれている記事《ワコム製ペンタブレットIntuos Drawを買ったのでプリンストンPTB-STRP1と比較してみた》に注目してみます。

この記事の筆者は、ブログ『カワハラ雑記』を運営しているカワハラさん。
彼は今までプリンストン社のペンタブ"PTB-STRP1"を使っていましたが、それが壊れてしまったため、新たにワコム社の"Intuos Draw"を購入しました。
しかし、実際に使ってみると2社のペンタブには、さまざまな点に違いがあったとのこと。
そこで、ペンの充電や描き味、ワイヤレスの有無といった相違点を記事にまとめてくれています。

これからペンタブを導入しようとしている方や買い替えを検討中の方は、ぜひ目を通してみてくださいね!
各メーカーから出ている商品の特徴がわかれば、選択肢も広がるのではないでしょうか。

【参照元】
http://kawahara-zakki.com/intuos-draw-review/

 

(3)ワコムのペンタブ「Intuos Draw」がおすすめ


ブログ『こりのろっさのクリエイティブな日常』を運営しているのは、プロカメラマンとしての経歴を持つこりのろっささん。
彼女の趣味だというカメラの話題をはじめ、子育てや暮らしなどに関する話題が取り上げられています。
さまざまな内容の記事が並ぶ中に、今回のテーマに沿った《【初心者用】ちょっとしたイラストを描きたいならワコムのペンタブ「Intuos Draw」がおすすめ》という記事を見つけました。

こりのろっささんは以前、イラストを描く度にスマホで撮影し、パソコンに取り込んでいたといいます。
その一連の作業を面倒に感じたことから、ペンタブの購入を決めたのだそうですよ。
彼女が購入したのは、"Wacom"の"Intuos Draw"のSサイズ。
デスクに置いても邪魔にならない程度のサイズ感で、実際に紙の上に描いているような滑らかな描き心地だと感想が述べられています。
その他にも、ファンクションキーの設定ができたりペンの替え芯が販売されていたりといったメリットがあるようです。

記事中には、上記のより詳しい情報やこりのろっささんが使用したお絵かきソフトの紹介などが綴られています。
ペンタブ選びに迷ったとき、"Intuos Draw"に興味を持ったときは、ぜひこりのろっささんの記事を一読してみてください。

【参照元】
https://www.korino-rossa.com/entry/intuosdraw

 

(4)ストロークが遅くても描きやすい!Intuos Draw感想


『PC周辺機器とかPCゲームとか(てきとう)』は、PC周辺機器やAndroidアプリのレビューを中心に綴っているブログ。
その中の《ストロークが遅くても描きやすい! Intuos Drawの感想とか》では、筆者が7年ぶりに買い換えたペンタブ"Intuos Draw/CTL-490"を使った感想が書かれていました!

記事では他の付属ペンと比較しながら、ペン自体の質感・重さ・芯の太さなど、具体的な特徴が記されています。
さらに、実際に使って感じたメリット・デメリットが箇条書きで書かれているので、どんな人に向いているペンタブなのかを一目で判別することができますよ。

筆者は"Intuos Draw/CTL-490"を購入したことについて「色々と進化していてずいぶん快適になった」と喜びの言葉を述べています。
長年使ったペンタブを買い換えたい方、自分にフィットしたペンタブを見つけ出したい方は、ぜひこちらのレビューを参考にしてみてはいかがでしょう。

【参照元】
http://ayasi-2-han.net/?p=7839

 

(5)CTL-480レビュー【初心者がペンタブレットを買った】


ペンタブはイラストが得意な人や絵を描くことが好きな人だけが使うものだと思われがちですが、文字の手書きにももってこい。
ブログ『ゆっくりまったりネット生活!』に、ショッピングや動画のレビュー、Web関連、日々の出来事などを綴っているヒロシさんは絵を描くことが苦手ですが、文字書きを主な目的としてペンタブを購入したそうです。

その際ヒロシさんが購入したのは、ワコムのペンタブレット"Intuos CTL-480"。
ドライバをインストールしたらすぐに使えるようになり、早速年賀状ソフトの"筆まめ"でその使い心地を体験しました。
紙と違って、ペンタブは描き間違いの修正がラクラク。
専用のソフトはもちろん、GIMPをはじめとしたペイントソフトにも対応しているので、用途に応じてソフトを使い分けることが可能ですよ!

「ペンタブが気になって仕方ないけど、使いこなせるか心配だ…」という方は、ぜひヒロシさんのブログの中の《CTL-480レビュー【初心者がペンタブレットを買った】ワコムのペンタブ》という記事を読んでみてくださいね!
購入に至った経緯をはじめ、実際に使ってみた感想がリアルに書かれているので、きっと参考になることでしょう。

【参照元】
http://9syu-yokayo.com/post-645/

 

(6)ワコム液晶ペンタブレッド Cintiq22HDの魅力を紹介


ブログ『おすすめペンタブ・液タブらー:ペンタブレット・液晶ペンタブレットも』内の記事《ワコム 液晶ペンタブレッド Cintiq22HDの魅力を紹介!》では、運営者であるctofficeさんイチオシのペンタブレッドが紹介されていましたよ!

そのイチオシ製品が、"ワコム 液晶ペンタブレッド Cintiq22HD"。
21.5型の比較的に大型サイズで、筆圧機能は2048レベルもあるそうです。
ctofficeさんによると、ワコム製の中でも少々お値段が高めとのことですが、その分、高スペックなのだとか。
記事には、製品の特徴やメリット、注意点、利用した方の口コミも記載されています。
さまざまな機種が展開されているワコム製のペンタブの中から、どれを購入しようかと迷っている方の参考になりそうです。

さらに、ブログではペンタブレッド(板タブ)や液晶ペンタブレッド(液タブ)などでカテゴリー分けして、実にさまざまな機種を紹介されています。
くまなくチェックすることで「あれ前から気になっていた」という製品の詳しい情報を探し出せるかもしれません。

【参照元】
http://pentabu.it-kaden.com/ワコム-液晶ペンタブレッド-cintiq22hdの魅力を紹介!/

 

 

(7)HUIONペンタブレットQ11Kを徹底レビュー!!!


Web関連のフリーランスとして活動中のWAKOさんが運営する『働くブログ』には、注目アイテム・グッズのレビューがたくさん!

その中の《パソコンで絵を描くと決めたアナタに!HUIONペンタブレットQ11Kを徹底レビュー!!!》には、"HUIONペンタブレットQ11K "を使ったレポートが書かれていたのでご紹介します。

記事内では
「実際に紙の上で絵を書いているような感覚」
「初めてパソコンで絵を書く人にオススメ」
と、その使い心地を高く評価されています。

また、開封の状態からレポートされており、内容物の説明、本体の薄さ・サイズ感など、あらゆる視点で綴られているので、"HUIONペンタブレットQ11K "の概要をくまなく知ることができますよ!

ユーザーであるWAKOさんに「肌身離さず持ち歩きたくなる製品」と言わしめるHUIONのペンタブ。
この感想から、利便性と実用性の高さが伺えます。
新しいペンタブ候補をお探しの方は、ぜひWAKOさんのレビューに目を通してみてくださいね。

【参照元】
https://www.kinoubi-design.com/blog/blog/2017/09/huion-pentablet-q11k.html

 

(8)コスパ最強!GAOMON液晶ペンタブPD1560レビュー


趣味であるゲームをしつつ、Web制作にも取り組んでいるというSeaSeaさんは、『SeaSea!』というブログを運営。
ゲームやWeb関連はもちろん、オーディオやデバイスといったさまざまなカテゴリーの記事が並んでいます。

たくさんある記事の中から、今回はSeaSeaさんオススメのコスパがいいという液タブを紹介している記事をピックアップ。
それがこちらの、《【液晶ペンタブレット】コスパ最強! GAOMON液晶ペンタブPD1560 1年保証付き! 37,999円!!【レビュー】》です。

"PD1560"は、中国の企業である"GAOMON"が販売している液タブで、注文すると中国から発送されるとのこと。
送られてきた箱の中には液タブ本体やスタンド以外にも、組み立てる際に使用する道具やケーブル類が一式揃っており、別途自分で準備する必要はないのだそうです。
また、付属品の中でも特に注目したいのが、持ち運び用のケース。
外出先でもペンタブを使いたいという方にとって、適切なサイズのケースが予めついてくるのは嬉しいポイントといえるでしょう。

なお、"GAOMON"は中国の企業ではありますが、万が一のときには日本語でサポートを受けることができ、保証も1年間ついているので安心です。
コスパのいい液タブを探している方は、ぜひ記事を参考にしてみては?

【参照元】
http://seasea.xyz/archives/536

 

(9)初心者におすすめ!学生のお財布にも優しい【2018】


ペンタブを購入する際には、タイプや機能性、値段などを考慮するのはもちろん、使用目的や自分の希望に合うものをしっかり厳選したいところ。
そんなペンタブ選びにお悩みの方が参考にできそうな記事を見つけましたよ!

《初心者におすすめのペンタブはこれだ!学生のお財布にも優しい【2018】》という記事には、筆者がおすすめだというペンタブがランキング形式で掲載されています。

1位から4位まで挙げられており、1つ1つのスペックについて詳細に書かれているのでペンタブ初心者の方はもちろん、誰が見ても分かりやすいのが嬉しいですね。
どんなペンタブがランキングに挙げられているのかは、実際に記事へ飛んで確認してみてください。
また、ペンタブを選ぶ際のポイントも一緒に紹介されていますので、それも併せて読むことでより自分に合ったペンタブを見つけやすくなりそうです。

今回紹介した記事が載っているのは、『ハウツーマニア | これってどうやる?困ったときに使える方法!』
カテゴリーは、ITやスマホ、レビュー、仮想通貨など多彩なジャンルに富んでいます。
空いた時間を見つけてブログにアクセスしてみることで、生活にも仕事にも役立つ新しい知識を得られるかもしれませんよ。

【参照元】
https://www.jami2010.com/pentab-beginner/

 

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!