2017年12月20日

簡単にプロレベルのサイトを作れるWebflow特集!

Webflowの使い方まとめ

Webflowの使い方まとめ

プロが仕上げたようなかっこいいサイトを簡単に作りたい!そんな要望に応えてくれるのがWeb制作のオンラインツール"Webflow"。
今回は、Webflowを使ってみたい人の参考になる記事を集めました。Webflowの使い方と中身を把握して、デザイン性の高いサイトを作成してみては?
 

(1)ささっと公開派、じっくりカスタマイズ派どちらもうれしい!


「複雑なコードは書けないけど、洗練されたWebサイトを制作したい!」
そんなときに頼りになるのが、ウェブサイトの制作ツール"Webflow"。

こちらの記事《「ささっと公開」派にも「じっくりカスタマイズ」派にもうれしいWebサイト作成ツール「Webflow」》には、その魅力がわかりやすくまとめられているので、サイト開設を考えている方は、一読してみてはいかがでしょうか?
Webflowを使うメリットをはじめ、どんなサイト制作に向いているのかなど、具体的なことを知ることができますよ。

また、この記事が掲載されている『htmlコーディングの小棹制作所』のブログコーナーには、他にもWebデザインやコーディング、働き方などに関する記事もアップされています。
Web関連の仕事をしている方は、興味をそそられる記事と出会えるかもしれませんよ!
ぜひアクセスして、ブログ内をくまなくチェックしてみてくださいね。

【参照元】http://cosao.net/archives/7818

 

(2)美しいサイト制作とスピーディな構築が可能なWebflow

数え切れないほどのサイトが存在する今、「デザイン性の高いサイトを作りたい」と思う方は少なくないでしょう。
ただ、デザイン性を求めれば求めるほど、構築作業は複雑化していきます。
できれば、シンプルな操作だけでデザイン性の高いサイトを作っていきたいものですよね。

そんなときに頼りになるのが、"Webflow CMS"。
Webやアプリ関連の記事が多くを占めるブログ『RiARiSE』に掲載中の記事《Webflow CMS – 美しいサイト制作が可能なCMS。クラウドベースのインブラウザデザインでスピーディな構築が可能!》には、その性能に関する記述がされています。

コンポーネントの種類が豊富なWebflowでは、お気に入りのデザインを選択し、そこから細かな設定をしていけば自分好みのサイトをデザインすることが可能とのこと。
また、バックアップ機能もついており、運営フェーズでも使いやすいのだそうです。
有料プランを選択すれば、独自ドメインを取得できるとのことなので、独自ドメインを希望する方は、有料プランを検討されてもいいかもしれませんね!

【参照元】https://www.riarise.com/coding/webflow-cms_beautiful_visually_cms/

 

(3)Webflowがすごい!プロ並みのHPを簡単に作れる!


「Webflowを使ってみたい」と考えている人に読んでほしいのがこちらの《webflowがすごい!プロ並みのHPを簡単に作成できます!》という記事。
無料で使える利点・操作性のメリットに言及し、登録からサイト設定までの工程が紹介されています。1つ1つの操作にキャプチャ画像が付いているので、登録時のガイドラインとして最適ですよ!

筆者は、実際にWebflowを利用した感想として「非常に簡単にプロ並みのサイトができる」と述べています。Webの知識にあまり詳しくない人でも、これまで不可能だと思っていたことが可能になるかもしれませんね。
スタイリッシュなサイト作りにうってつけなWebflow。そのクオリティと利便性を自分の目で確かめてみてはいかがでしょう?

また、筆者が運営しているブログ『カモトラ』には、システム情報・デジタルガジェットなど、為になる記事が多くアップされています。
ぜひwebflowの記事と併せてチェックしてみてくださいね。

【参照元】http://kamotora.net/system/design/webflow/

 

(4)コーディングなしでレスポンシブウェブデザインが作れる!


複数の端末で表示を切り替えることができるレスポンシブウェブデザインは業界のトレンドですが、コーディングのスキルがないと制作にはかなり苦労します。
しかし、Web制作のオンラインツール"Webflow"を利用すれば、作業は簡単!
レスポンシブ対応したソースコードを生成できるので、誰でも洗練されたWebサイトを作ることができますよ。

とはいえ、「どんな作業工程を踏み、どんなコンテンツを配置できるのか予め知っておきたい」という方は、こちらの『AROUND MOBILE WORLD』にアップされている《UIがクール!コーディングなしでレスポンシブウェブデザインが作れる[Webflow]》を読んでみてください!
筆者が無料お試し期間を利用して、実際にWebflowを使ってみた所感が述べられています。

Webflowはホスティングも兼ねているそうですが、ソースコードと関連画像のダウンロードが可能なので、コンテンツをFTPで自身のサーバに置くこともできるのだとか。
しかも、直感的に操作できるUIである点もかなり魅力のようです。

仕事で学んだことやプライベートで得た情報のアウトプット用に自分のサイトを持ちたい方は、ぜひ注目してみてはいかがでしょうか?

【参照元】https://www.amw.jp/2014/03/12/36912644/

 

(5)バージョンアップでゴリゴリにアニメーション実装が可能に!


レスポンシブウェブデザインのかっこいいサイトをいとも簡単に作れてしまうWebflow。
利便性はそこだけに留まらず、アニメーション実装も可能になっているのをご存知ですか?

そこで、ぜひ目を通してほしいのが《CMSのWebflowがゴリゴリにアニメーション実装できるインタラクション2.0をリリース!》という記事。
ここでは、Webflowがバージョンアップしたことで実装が可能になった、インスタラクション・アニメーションが動画付きで紹介されています。
スクロールすると背景が変化したり、文字が移動したりと、見る者の目を引く面白いアクションがピックアップされています。
作り手の創作意欲を刺激する機能の数々をぜひ参照してみてくださいね。

『TECHNICAL CREATOR』は、エンジニア・デザイナーの2つの職種を併せ持つ「テクニカルクリエイター」として活躍したい人を応援しているサイト。
スキルを磨くために有益な情報を知りたい方は、将来の為になる知識を探してみてはいかがでしょう?

【参照元】https://technical-creator.com/webflow-interactions-2/

 

(6)駆け出しデザイナー必見!素早くランディングページ作成


『三十路エンジニア Blog』の管理人であるYuuichi Nishiokaさん。Webシステムやアプリの開発を仕事にしている彼のブログには、開発系の記事はもちろん、Webデザインに関する記事も多く公開されています。
今回は、"Webflow"について書いてある《駆け出しWebデザイナー必見 素早くランディングページ作成》の記事に注目してみましょう。

記事には、Webflowの登録の仕方やランディングページの作成方法など、順を追って細かく説明されています。
面倒なサイズ調整も、ボタン一つで簡単に操作できるそうですよ!
こちらの記事は、2016年1月に更新されたものなので、今はさらに便利になっている可能性もありますね。

「各デバイスに合うようサイズ調整するのに、時間がかかる…」
という方は、一度試してみてはいかがでしょうか?
作業の効率化を図るきっかけになるかもしれませんよ!

【参照元】http://westhillworker.com/web-design-landing-page/

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!