アプリ開発 の求人・案件一覧

アプリ開発とは

アプリ開発におけるクリエイターの求人・案件は、Webデザイナー、HTMLコーダー、Webディレクターなど幅広い職種で募集されています。例えばWebデザイナーは、スマートフォン向けアプリなどのの静止画バナーやサイトのデザインを行います。さらに、Webデザイナーが制作したデザインは、HTMLコーダーがコーディングしてサイト上に表示できるようにします。
アプリ開発に関連するクリエイター向けの求人・案件は、正社員や派遣、業務委託など、さまざまな契約形態があります。実績を積むことで、フリーランス(個人事業主)として活躍することもできるでしょう。HTMLやCSSはもちろん、jQueryなどのライブラリ、IllustratorやPhotoshopなど基本的な編集ソフトの使い方をマスターし、実務経験や制作実績を増やしていくことが大切です。

アプリ開発の業務内容は、要件定義や設計、開発、テストなど。案件によっては顧客折衝が必要となることもあるようです。開発の対象となるアプリは大きく3つに分けられ、Webアプリ、ネイティブアプリ、ハイブリッドアプリとなっています。
アプリ開発には、JavaやObjective-C、HTML、CSS、JavaScript、C、C++などの知識が必要。独学が難しい場合は、プログラミング言語を学べるスクールに通うのも1つの方法です。アプリ開発の際はプログラミング言語の知識のほか、提案力や臨機応変に対応する力、統括する立場であればマネジメント能力も大切になります。
アプリ開発に関わるクリエイターの求人・案件は、WebディレクターやWebデザイナー、HTMLコーダーなどを対象としており、幅広い職種でニーズがあるようです。たとえばWebデザイナーであれば、スマートフォンのアプリに必要となる静止画のバナーやサイトのデザインを制作。また、HTMLコーダーは、Webデザイナーのデザインをサイト上に表示できるようコーティングします。
なお、アプリ開発に関わるクリエイターの求人・案件をお探しの方は、レバテッククリエイターにご相談ください。レバテッククリエイターは、Web・ゲーム業界特化のフリーランス・派遣の案件提案サービスを実施。業界に精通したコーディネーターが、丁寧なカウンセリングでご参画をサポートしています。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

人気の言語の求人・案件情報