期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

期間限定アマゾンギフト券プレゼントキャンペーン

キャンペーンの利用規約(注意事項)

レバテック株式会社(以下、「当社」といいます。)が実施する「Amazonギフト券プレゼントキャンペーン」(以下、「本キャンペーン」といいます。)に参加し、会員登録される方(以下、「登録者」といいます。)は、以下をよくお読みいただきご登録ください。ご登録を以って、本規約に同意されたものとみなします。
本キャンペーンは、以下の条件を満たす方全員にアマゾンギフト券5,000円分をプレゼントするものです。

条件について
以下のすべての条件を満たされた方が対象となります
2019年9月17日(火)~9月30日(月)の期間中にレバテックフリーランス(https://freelance.levtech.jp/)またはレバテッククリエイター(https://creator.levtech.jp/)に会員登録された方
2019年11月29日(金)までにカウンセリングを終えられた方
※過去にレバテックフリーランスのカウンセリングを受けられた方は対象外です。
※ご友人紹介(https://freelance.levtech.jp/friend/)で登録された方は対象外です。
※当社が保有する案件状況等により、カウンセリングをご案内できない場合もございます。予めご了承ください。
賞品の発送について
本キャンペーン条件に該当する方には、2019年11月4日(月)~2019年11月8日(金)注1または2019年12月2日(月)~2019年12月6日(金)注2の期間中にアマゾンギフト券5,000円分利用コードをメールでお送りいたします。
注1) 9/17(火)~10/31(木)にカウンセリングを受けられた方が対象
注2) 11/1(金)~11/29(金)にカウンセリングを受けられた方が対象
注意事項
お一人様、1回までの登録が可能です。
本キャンペーンの参加において、登録者が真実かつ正確なデータを入力していないこと、または登録者から提供された情報が不十分であったことによって賞品が届かない場合、あるいは登録者の転居や長期の不在などの事由によって当社所定の期間内に登録者が賞品を受領できない場合は、キャンペーン該当者の権利が失効・削除されることがあります。
キャンペーン該当者の権利を第三者に譲渡等はできません。
本キャンペーンの賞品の返品・交換は致しかねます。
当社は登録者の個人情報(本キャンペーンの登録時に登録者が提供した情報)を、当社の「個人情報の取り扱いについて(https://freelance.levtech.jp/privacy/)」に従い適切に取扱うものと致します。
当社は、本キャンペーンにおけるサービスの一部または全てを事前に通知することなく変更・中止・終了することができるものとします。なお、変更・中断あるいは中止または終了により生じた損害については、当社は一切責任を負いません。
細心の注意を払って情報を掲載していますが、当社は、提供する情報、プログラム、各種サービス、その他本キャンペーンに関するすべての事項について、その完全性、正確性、安全性、有用性等について、いかなる保証も行うものではありません。また、登録者または第三者が被った以下の事例により発生した損害については、当社は責任を負いません。
登録者間または登録者と第三者の間におけるトラブル等が生じた場合。
第三者による本キャンペーンのサービスの妨害、情報改変などによりサービスが中断もしくは遅延し、何らかの欠陥が生じた場合。
故意または重過失なくして、当社が提供する本キャンペーンの情報が誤送信されるか、もしくは欠陥があった場合。
レバレジーズグループ社員・関係者からのご登録は無効とさせていただきます。
本規約は日本法を準拠法とし、これに従い解釈されるものとします。また、本キャンペーンに関連して生じた紛争は、東京簡易裁判所または東京地方裁判所の専属的合意管轄に属するものとします。

2016年3月18日

資格を取得して信頼感を高めよう

センスだけでは伝わらない!Webデザイナーが取得しておきたいWeb関連資格8選

センスだけでは伝わらない!Webデザイナーが取得しておきたいWeb関連資格8選


優れたWebデザインをするにはセンスだけでなく、正しい知識や技術が必要となります。
そこで今回は、Webデザイナー・Webクリエイターが取得しておくと仕事に役立つ、Web制作関連の資格を8つご紹介したいと思います。
資格取得のために勉強したことは自分の糧になりますし、明示できるものがあるとクライアントの信頼を得やすく、営業上も有利です。
Webマーケティングやライティングの資格もスキルアップやキャリアアップにつながるので、Webデザインに直接関連しない資格も紹介しています。

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

単価相場算出ページへ

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。


1.ウェブデザイン技能検定


http://www.webdesign.gr.jp/

「ウェブデザイン技能検定」は特定非営利活動法人インターネットスキル認定普及協会が実施する技能検定で、厚生労働省の認定を受けている国家資格です。
本検定に合格すると、「ウェブデザイン技能士」を名乗ることができます。
 
試験は学科試験と実技試験の2部構成となっており、試験内容は「インターネット」「ネットワーク技術」「インターネットにおける標準規格・関連規格と動向」「Webブラウジング」「ワールドワイドWebセキュリティ技術」など、インターネットとWebに関する問題を中心に出題されます。
 
資格は1~3級まであり、3級はWeb業務に従事している人なら誰でも受験できますが、1級と2級を受験するには、実務経験年数などの受験資格を満たす必要があります。
 
受験資格の詳細は、ウェブデザイン技能検定の公式HPでご確認ください。
 
試験概要(受検手数料/受検資格/試験免除基準) / ウェブデザイン技能検定
http://www.webdesign.gr.jp/kentei/guide.html#shikaku
  

 

2.アドビ認定エキスパート(ACE)


https://www.adobe.com/jp/support/certification/ace.html

Adobe PhotoshopやAdobe Illustratorなど、Web制作関連のソフトウェアを提供しているAdobe(アドビ)社が実施している試験です。
Adobe製品の専門知識と技能を持つことを証明する資格で、受験資格は特にありません。
Photoshop、Illustrator、Dreamweaver、InDesign、After Effectsなど製品別の試験が行われ、1科目以上に合格するとACEの資格を取得できます。
ACEの資格を維持するには、最新版の試験に合格する必要があります。
 
プロの技術トレーナー、インストラクターを目指す方には、アドビ認定インストラクター(ACI)という資格が用意されています。
Adobe製品はWeb制作には欠かせないので、取得しておくとAdobe製品の知識・技術を習得している証明になります。

 
 

3.Webクリエイター能力認定試験


http://www.sikaku.gr.jp/web/wc/

ビジネス能力検定を実施するサーティファイの認定試験で、Webサイト制作のデザイン能力、Webページのコーディング能力を認定する試験となっています。
エキスパートとスタンダードの2つの資格があり、いずれも受験資格の制限は設けられていません。
 
エキスパートは知識問題と実技問題があり、ユーザビリティやアクセシビリティを考慮したWebデザインの表現できることが認定基準となっており、加えてスクリプトを用いた動きのあるWebページの表示、マルチデバイスに対応する技術が求められます。
スタンダードは実技試験のみで、意味・構造的に正しいHTML5でのマークアップができること、CSSをによってWebページのデザインやレイアウトができることが認定基準となっています。
 
サーティファイでは他にも、「ホームページ制作能力認定試験」「Flash Rクリエイター能力認定試験」「Illustrator Rクリエイター能力認定試験」「Photoshop Rクリエイター能力認定試験」といったWeb制作関連の認定試験を実施しています。

 
 

4.Webリテラシー試験


https://webken.jp/literacy/

「Webリテラシー試験」は、社団法人 全日本能率連盟登録資格 Web検定が実施している試験で、Webリテラシー(Webに関する標準知識)を備えているかが問われます。
試験範囲は「Webの基礎知識」「インターネットビジネス」「プロジェクトマネジメント」「Webサイトの企画・設計」「制作(デザイン・実装)」「集客施策」の6項目となっています。

 
 

5.Webディレクション検定


http://www.web-kentei.jp/webDirection/

一般社団法人 日本Web協会(JWA)が実施している検定で、Webディレクションに関する知識・技術の習得を目的としています。
受験希望者を対象とした講座では、「Webディレクターの役割」「Webサイト制作案件の提案・受注」「Webサイトのプランニング」「プロジェクトマネジメント」など、ディレクションに関する知識・技術を教えてくれます。

 
 

6.ウェブ解析士認定試験


http://www.web-mining.jp/

「ウェブ解析士認定試験」は、一般財団法人 ウェブ解析士協会(WACA)が実施している認定試験です。
Web解析とWebマーケティングの知識の習得を証明する資格で、「初級ウェブ解析士」「上級ウェブ解析士」「ウェブ解析士マスター」の3つの資格が用意されています。
 
Webデザイナーにマーケティング力は必要ないと思われるかもしれませんが、マーケティングの知識はユーザーが求めるデザインを理解する助けになります。
また、クライアントにデザインを説明する際、マーケティング調査に基づいたデザインであることを説明できれば説得力が増します。
 
Webマーケティングの知識の習得は、本記事のテーマである「センスだけでは伝わらない」という課題を解決するひとつの方法です。
Webデザイナーとしてスキルアップしたい方は、受験を検討しみてはいかがでしょう。
 
マーケティング視点のデザインは、以下のスライドが参考になります。
 
Webデザイナーのためのマーケティング基礎講座
http://www.slideshare.net/sogitani_baigie/web-28582956

 
 

7.IMA(Internet Marketing Analyst)検定


http://ima-kentei.jp/

「IMA検定」は、クラウドマネージメント協会が実施しているネットマーケティングの検定で、「Standard」と「Professional」の2つの資格があります。
暗記するだけの資格と異なり、実務に即したマーケティングの理論の習得を目的としています。
Web受験を実施しているので、自宅、または職場で受験することができます。

 
 

8.Webライター技能士検定


http://xn--web-pi4be7e0holjd5279abzjl89cqqd.com/contents/kentei.html

「Webライター技能士検定」は、一般財団法人  日本WEBライティング協会が実施している検定で、ライティング技術の習得を目的としています。
受験科目は「国語」「Webライティング」「コピーライティング、メールライティング」「SEO」「倫理・法律、炎上対策」「Webライティングに関するミニ論文(200~300文字)」の6項目です。
 
優れたWebサイトはデザインだけでなく、キャッチコピーやコンテンツのクオリティも求められます。
ライティングもデザイン同様、センスだけでなく技術として磨くことができる素養です。
ライティングの技術を身につけておくと、ライティングまで含めた制作案件を引き受けられるようになります。

 
 

まとめ

Web制作に直結する資格はそれほど多くありませんが、Webマーケティングやライティングなど、周辺に目を向けてみると無数の資格があることがわかります。
デザインの他にも強みがあると、仕事の幅が広がります。
デザイン以外は自分の仕事ではないなどと思わず、積極的に周辺の知識や技術も吸収していきましょう。

最後に

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

単価相場算出ページへ

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。


クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「トレンドに敏感な現場でWebデザインスキルを磨きたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。

「個別相談会」に申し込む

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

この記事に関連する案件

すべての案件を見る

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!

人気のスキルの求人・案件情報

レバテッククリエイター
おすすめコンテンツ

レバテッククリエイターはWeb・ゲーム業界に特化したデザイナー・クリエイター向けの求人・案件提案サービスです。