オンラインカウンセリング実施中

クリエイター職種図鑑24.ゲームプロデューサー

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

単価相場算出ページへ

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

ゲームプロデューサー案件を提案してもらう

目次

1. ゲームプロデューサーの主な仕事内容
2. ゲームプロデューサーの求人・案件について
3. ゲームプロデューサーに必要なスキル
4. ゲームプロデューサーの資格
5. ゲームプロデューサーになるには
6. ゲームプロデューサーに向いている人
7. ゲームプロデューサーの需要・将来性
8. ゲームプロデューサーのキャリアパス
9. フリーランスのゲームプロデューサーとして働くには

1. ゲームプロデューサーの主な仕事内容

新作ゲームのリリースに向け、プロジェクト全体を統括する

ゲームプロデューサーとは、ゲーム制作における企画から制作まで、プロジェクト全体の統括を行う最高責任者です。企画段階では、ディレクターたちとアイディアを持ち寄り、ゲームのコンセプトやルールなどを決定します。その後、シナリオライターやグラフィックデザイナー、サウンドククリエイター、プログラマーといったスタッフの選定から、予算・スケジュール管理、宣伝・販売計画まで、リリースに至るまでの管理・進行業務を担う職業です。制作者とは別の立場で、出来上がったゲームをどう売り込んでいくかを考え、施策を実行するのです。ゲームが売れるか否かは、ゲームプロデューサーの手腕にかかっているといっても過言ではありません。

ゲームプロデューサー案件を提案してもらう

 

2. ゲームプロデューサーの求人・案件について

ゲームプロデューサーは、ゲーム制作チームの中でも1番トップに立つ職種です。デザイナーやプログラマーなどをまとめる役割を果たすほか、求人・案件によっては、ゲームディレクターと兼任する場合もあります。ゲームプロデューサーの求人・案件は、他の職種と比べると少なくはありますが、常に一定数存在することが特徴です。ソーシャルゲームなどでリリース後の運用経験がある方は、さらに単価アップが狙える可能性があります。アシスタント業務を経てステップアップしていくのが一般的で、過去にゲームプロデューサーを担当した経験がある方は、即戦力として求人・案件に参画することができるでしょう。

ゲームプロデューサーの求人・案件一覧を見る

 

3. ゲームプロデューサーに必要なスキル

ゲームプロデューサーに必要とされるスキルは、今までにない新しいゲームを生み出すための豊かな“発想力”と、プロジェクトを円滑に進めていくための細やかな“マネジメント能力”です。プログラミングやデザインなど、ゲーム制作に関わる知識ももちろん必要ですが、ターゲット層の消費動向や市場のニーズを理解すべく常にアンテナを張り、面白いゲームの発案に繋がる独創的な発想力を持つことが大切です。さらに、ゲームプロデューサーは発売するゲームの商業的な責任も負っています。スタッフや予算、スケジュールなどを細かく管理し、宣伝・販売計画などを戦略的に行っていく総合的なマネジメント能力も必要となります。

関連記事:ゲームプロデューサーに必要なスキル

 

4. ゲームプロデューサーの資格

ゲームプロデューサーになるための特別な資格はありません。しかし、プロジェクトの最高責任者として、制作現場の仕事内容や状況などを理解することは重要です。一般的には、プランナーやプログラマーといった各開発スタッフとして経験を積み、ディレクターとして実績を残した後、プロデューサーへとステップアップします。プロデューサーは実際に自分が手を動かすのではなく、適切なスタッフを適切なポジションに配置することが求められるので、現場時代に各パートの仕事を知ることは重要なフェーズとなります。また、売り上げへの責任も負うため、経営やマーケティングの知識を深め、総合的なビジネススキルを身につける必要があります。

 

5. ゲームプロデューサーになるには

ゲームの企画から発売までの責任者となるゲームプロデューサー。業務内容は予算・スケジュールの管理、人材確保など多岐にわたります。
ゲームプロデューサーになるには、ゲーム開発会社やゲームメーカーなどに就職し、実務経験を積むことが必要。一般的には、ディレクターとして業務に携わった後にゲームプロデューサーになるケースが多いようです。
ゲームプロデューサーに必須となる資格はありませんが、経験を積む中でゲーム開発に必要な知識を身につけることが大切。また、デザイナーやプログラマー、シナリオライターなど多くのスタッフと協力して作業を進めていくため、マネジメント能力や的確に指示を出す力が必要になります。

関連記事:ゲームプロデューサーになるには

 

6. ゲームプロデューサーに向いている人

ゲームプロデューサーに向いている人の特徴として、下記の3つのポイントが挙げられます。

コミュニケーション能力が高い人

相手の要望を的確に把握したり論理的に説明したりするのが得意な人は、ゲームプロデューサーに向いていると考えられます。ゲームプロデューサーはクライアントのニーズに沿った企画やプロジェクトメンバーへの指示などを行う役割があるからです。円滑なコミュニケーションのためには、相手の立場に立つことを心がけるのが大切でしょう。

マルチタスクをこなせる人

物事に同時進行で取り組める人は、ゲームプロデューサーに向いているでしょう。ゲームプロデューサーは進捗管理の確認やスケジュール調整、予算管理、宣伝の計画などを並行しなければならないからです。全体を俯瞰しつつ、優先順位に従って一つひとつの作業をコツコツ進める必要があります。

臨機応変に対応できる人

トラブルが起きた場合にも冷静に対応できる人はゲームプロデューサーに向いていると考えられます。問題発生時は迅速かつ適切な対応が求められ、問題解決力が必須となる職種だからです。

 

7. ゲームプロデューサーの需要・将来性

VRのような3D技術による市場の変化や海外展開する企業の増加が予想されるため、時代のニーズを踏まえてプロジェクトを進行できるゲームプロデューサーの需要は高まるでしょう。スマートフォンやタブレットの普及によってソーシャルゲームの人気が高まっており、今後も場所に関係なく遊べるゲームのニーズが高いと考えられます。

ゲームプロデューサーとして活躍するには、想像力や発想力だけでなく、現場を俯瞰して業務を進める力や、トラブルが生じた際に臨機応変に対応する力が必要です。また、実務経験を積む中でマーケティングや経営のスキルを身につけ、売り上げを伸ばすための企画力を磨くことも大切になります。さらに、プロジェクトを円滑に進めるためにプログラマーやプランナー、ディレクターなどとこまめに情報共有する姿勢も必要になるでしょう。

ゲームプロデューサーは統率力や予算・スケジュール管理能力といった高度なスキルが求められますが、その分実務に携わる中で成果を出せれば、将来フリーランスとして活動する際も実績として示せます。

 

8. ゲームプロデューサーのキャリアパス

ゲームプロデューサーのキャリアパスの例として、フリーランスになることが挙げられます。

フリーランスとして活動するなら、会社の同僚やセミナーで知り合った同業者などと独立前に信頼関係を築くことが大切。案件を受注するには基本的に自ら営業しなければなりませんが、実績や人脈があれば独立後に業務を依頼してもらえる可能性があるからです。フリーランスはスキル・経験があることが前提となるため、実績のアピールに不安がある場合は、まずは会社員として経験を積んでからフリーランスを目指すのが無難です。

なお、ゲームプロデューサーとして制作メンバーの選定や予算管理、スポンサーへの交渉などに携わったものの、「企画や開発にもっと関わりたい」と感じるケースがあると考えられます。ゲームの品質管理や開発現場の進行管理に携わりたい場合は、改めてゲームプランナーやディレクターになるのも一つの方法です。ゲームプロデューサーはゲームの開発現場において最上位の職種として位置づけられていますが、自分がどのような業務に携わりたいのかを考えてキャリアパスを決めることが大切です。

 

9. フリーランスのゲームプロデューサーとして働くには

フリーランス(個人事業主)のゲームプロデューサーになるには、もともと所属していたゲーム開発会社などで、プロデューサーとして大きな実績を残していることが前提となります。実際、フリーランス向けのゲームプロデューサー業務委託案件では、ゲーム事業で必要となる技術や開発手法の理解、タスク管理経験、ゲームプロモーションの経験などを必須としていることが多い傾向です。

もし未経験の状態からゲームプロデューサーになるなら、まずはゲーム開発会社に就職し、開発スタッフとして現場経験を積みながら、ゲームプロデューサーを目指してステップアップしていくことになるでしょう。

ゲームプロデューサーに求められるスキルとしては、ゲーム開発に不可欠なプログラミングやグラフィックなどの知識と技術、プロジェクトの進捗管理を行うためのマネジメントスキル、社内外の関係者と円滑に業務を進めるためのコミュニケーションスキル、メンバーをまとめ上げるリーダーシップなどが挙げられます。また、売れるゲームを作るためには、市場のニーズや消費動向などを把握しておくことも重要です。

ゲームプロデューサー案件を提案してもらう

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!

ゲームプロデューサーに関連する職種

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。

■ゲームプロデューサーの職種図鑑ページをご覧の方へ
このページではゲームプロデューサーの仕事内容や必要なスキル、資格などについて解説しています。
その他、フリーランスは派遣のゲームプロデューサーを募集するの求人・案件や、派遣求人も掲載しています。
クリエイター職種図鑑ではデザイナーをはじめ、コーダーやディレクター、プランナーなど様々なクリエイター職種の説明を用意しています。ゲームプロデューサーの仕事以外にも気になる仕事があれば、他の職種図鑑ページをご覧ください。
ゲームプロデューサー未経験の方は自分のスキルや希望条件にあった求人・案件をお探しになる際に、その職種の仕事内容や募集の動向を知るためにお役立てください。また、レバテッククリエイターでは非公開の求人・案件も多数取り揃えていますので、Web上でご希望の条件にあった募集情報が見つからない場合はお気軽にご相談ください。

■レバテッククリエイターについて
レバテッククリエイターではIT・Web業界で活躍するフリーランスや派遣のデザイナー・クリエイターの方々を募集する求人・案件を掲載しています。掲載している募集情報は弊社の企業担当者が独自に集めた情報であり、Webデザイナーやイラストレーターなど幅広い職種の募集情報を扱っています。

■正社員のクリエイター転職求人をお探しの方へ
正社員転職をご希望のクリエイターの方は、レバテック運営のレバテックキャリアをご利用ください。クリエイター向けの正社員転職求人を多数掲載しています。また、レバテックキャリアでは一般に公開されていない正社員向けの非公開求人も取り扱っています。まだ転職を迷っている段階の方から、具体的な転職プランをお持ちの方までお気軽にご相談ください。
クリエイターの皆様の転職成功に向け、豊富な業界知識をもったコーディネーターが皆様にご納得いただける求人をご提案し、転職活動を全力サポートいたします。