Q

Webディレクターの将来性について教えてください。

A

Webディレクターの需要は増加傾向にあり、今後も一定数の求人・案件が見込まれるでしょう。

テクニカルカウンセラー 山下 祐香理

詳しい解説はこちら

Webディレクターの将来性について

■今後も需要が見込まれる職種です

多くの企業がWebサイトでPR活動を行っているほか、スマートフォン・タブレット端末が普及して以降、Webアプリケーションを介して情報発信・サービス提供を行う企業も増加傾向にあります。Webサイトの制作をはじめ、ECサイト運営やWebアプリの開発・配信も自社内で行う企業は、今後も増えてくるでしょう。

Webディレクターは、制作現場のメンバーの統括や、制作後のWebサイトを管理などの役割を担っています。運用中のWebサイトを分析して新たな戦略を考えることも、Webディレクターに求められる仕事内容のひとつです。Webを取り巻く環境が多様化していること・専門性の高い役割を担っていることなどから、今後もWebディレクターの需要は増加すると見込まれています。
 

Webディレクターの現在の状況・単価について

■Webディレクターの仕事内容

Webディレクターは、Webサイトの製作時にスケジュール調整や工数・人員の管理を行う職種です。プロジェクトをゴールまで導く役割を果たすWebディレクターは、制作現場において重要な存在です。タスクやスケジュールの管理・調整、ステークホルダーとのやり取りを行いながら、納期に間に合うようにプロジェクトを進行していく必要があります。責任が大きい分、無事にプロジェクトを成功に導けたときのやりがいや達成感の大きさも、Webディレクターの特徴のひとつといえるでしょう。

■Webディレクターは活躍のフィールドが広い

Webディレクターの活動フィールドは幅広く、Web製作会社をはじめ、広告代理店やシステム製作会社などで求人・案件が見られます。近年、独自でWebメディアやWebサービスを展開する事業会社が増えていることからも、Webディレクターの活躍の場は広がっているといえます。

今後Webディレクターに求められることは?

■基本スキル

Webディレクターの基本スキルとしては、Webに関する実務的な経験・知識、プロジェクトと円滑に進めるディレクション力、ロジカルシンキング力などが挙げられます。クライアントとの折衝を行うだけでなく、現場監督や制作に関わる各部門への指示出し・確認を行うことも、Webディレクターの作業内容に含まれます。クライアントや関係先と円滑な関係を築くことはもちろん、デザイナーやプログラマーに要件をブレなく分かりやすく伝えることも、Webディレクターに求められるスキルのひとつです。

■クライアントにとって魅力的な企画を提案できるかどうか

クライアントにとって魅力的な企画を考えるには、クライアントがWebサイト・Webサービスに何を求めているかを把握することが重要です。顕在化している要求だけに応えるだけでなく、クライアントとのコミュニケーションの中で潜在的なニーズを探り出すことが必要になります。潜在ニーズを引き出し、課題を解決できるサービスを提案することができてこそ、クライアントが求める「魅力的な企画」につながるのです。

■日々研鑽を積むことを忘れない

IT業界の技術は日々進化しています。Web環境やサイト制作における技術も例外ではなく、「去年まで主流だった技術が翌年には通用しなくなる」という事象も起きています。そのためWebディレクターには、情報収集やキャッチアップは欠かせないでしょう。

◆関連した記事はこちら


クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「トレンドに敏感な現場でWebデザインスキルを磨きたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報