Webデザイナーはつらいってほんと?きつい、大変といわれる理由を解説

Webデザイナーはつらいってほんと?きつい、大変といわれる理由を解説
Webデザイナーはつらい、きついという言葉をネット上でよく見かけます。すでにそう感じている人もいれば、これから目指す上で不安に感じている人もいるはず。本記事では、Webデザイナーがつらい・きつい・大変といわれる理由や真相について解説します。

目次

Webデザイナーはどんなところがつらい?

まずはじめに、Webデザイナーがつらいと言われる理由について解説します。

長時間労働なのに低収入

デザイン政策ハンドブック2020によると、デザイナーの平均年収はおよそ400万円程度(2018年時点)。国税庁が発表しているデータからは、国民全体の平均年収が467万円であることが分かります。

Webデザイナーに限定したデータがないため一概には言えませんが、全体の水準と比較すとWebデザイナーの年収は決して高いとは言えません。

また、クライアントワークの特性上、どうしてもクライアントの都合や納期に合わせて残業せざるを得ないことが多いのも事実。会社によっては固定残業代制度を取り入れるところも少なくないので、割に合わないと感じる人が多いのでしょう。

統計上デザイナーの平均労働時間は月180時間程度とされていますが、中には残業をつけていない人や、自宅に持ち帰って行う人、土日に行う人もいることが予想されるので、実態はもう少し長いのかもしれません。

自分のデザインが否定される・納得のいかないデザインを作らされる

Webデザイナーというクリエイティブな職種上、自分のデザインを否定されたり、クライアントの要望によって納得のいかないデザインに仕上げたりすることが、精神的に耐えられないという人もいます。

いくら自分が素晴らしいと思ったデザインができても、クライアントが変更を要望してきたら従わざるを得ません。

また、クライアントだけでなく、上司や先輩の好みによる指示をされることも。明確に数値で正解が出せない世界だからこそ、自分の理想とのギャップに悩む人が多いのだと考えられます。

業界の変化が激しい。常に最新の技術を学び続けなければいけない

IT業界の変化はとても目まぐるしいものです。特にWebデザイナーやエンジニアは、常に最新の技術を身につけておかなければいけないので、いつもアンテナをはって知識を吸収しなければいけません。

前述したような長時間労働に加え、休みの日や仕事が終わってからも勉強をしなければいけないとなると、プライベートの時間が確保できないことにつらさを感じる人も多いはず。

また、単純に体を休める時間がなく、気持ちだけでなく体力的にもつらいと感じる人が少なくありません。

納期に追われる。締め切り前は残業が増える

クライアントワークであれば当然納期が設定されるので、いくつも案件を抱えている人だと、次々に納期に追われることもしばしば。

また、締め切り前にはピリピリした雰囲気のなかで遅くまで残業をしなければいけないことが多く、毎回締め切りの度に心身ともに疲弊してしまう人が少なくないのが現状です。

納期は1つではないので、短いスパンで締め切り前を耐え抜く日々を続けていると、つらいと思うようになるのも不思議ではありません。

思い切ってフリーランスもあり!楽になるためにはどうしたらいい?

制作会社に勤めながらWebデザイナーをやっている限り、前述したような環境に置かれることは珍しくありません。もし今の環境がつらいと思うのであれば、思い切ってフリーランスになるのもひとつの手です。

会社の方針や労働環境を変えるのは難しいことなので、もし合わない・つらいと感じるのであれば辞めて次の道を考えるほうが有意義とも言えます。

フリーランスのWebデザイナーになれば、少なくとも携わる案件は自分で選べますし、クライアントワークではあるものの仕事をする相手はある程度選べます。もちろん、選べるだけのスキルや経験が備わっていることが前提となりますが。

参考記事:フリーランスのWebデザイナーになるには?仕事の取り方や注意点は?

Webデザイナーがフリーランスになるメリットや魅力は?

Webデザイナーとしてフリーランスで活躍することを視野に入れている人に向けて、魅力やメリットを解説します。

自由であることが多い。時間も場所も案件も自分で選べる

フリーランスの醍醐味は、とにかく自由なことです。働く時間や場所も自由ですし、決まった時間に出社したり、会議に出たり、お昼休みをとったり、その必要はありません。

また、案件も自分で選ぶことができます。このクライアントは合わないなと思えば引き受けなければよいですし、反対に自分が一緒に仕事をしてみたいと思う会社に営業することも可能です。

会社に勤めていると、会社から指示された仕事はすべて受けなければいけませんし、馬の合わないクライアントともずっと付き合っていかなければいけません。それがないだけで大部分のストレスから開放される人も多いのではないでしょうか。

収入が増える可能性も!働いただけ自分の収入に

フリーランスは、仕事を受けてこなせばこなしただけ自分の収入に。サラリーマンは固定給なので、いくら多くの案件をさばいても得られる収入は限られています。残業代が支給されても数万円ですし、大きく成果を上げても昇給はわずかでしょう。

もちろん仕事のとり方やアプローチ方法は考える必要がありますが、会社に勤めていたときよりも収入を上げていくことは難しくありません。

最近では、登録するだけで案件を紹介してもらえるフリーランスエージェントも増えているので、賢く活用すれば高報酬の案件を獲得することが可能です。

場数が踏めてスキルアップしやすい!

常に求められるWebデザイナーであるためには、最新の技術を幅広く持ち合わせている必要があります。フリーランスであればさまざまな案件に携わることができるので、場数を踏んで経験を積むことも可能。

また、スキルアップにつながりそうな案件を自分で選ぶことができるので、効率よく成長していくことができます。

会社で行われる無駄な会議や、人間関係のあれこれに時間をさくことも減り、純粋にWebデザイナーとしてのスキルを積み重ねていくことができる点も魅力です。

まとめ

もしいまWebデザイナーの仕事をつらいと思っているのであれば、まずは環境を変えてみることを検討してください。せっかく専門的な知識や経験を積んできたからこそ、Webデザイナーであることを諦める前に、新たな環境で挑戦してみることも視野に入れてみてくださいね。

Web・ゲーム業界の求人・案件に興味がある方へ

Web・ゲーム業界のクリエイター専門

レバテックに相談する3つのメリット

  • 01

    業界最大級の

    案件保有数

  • 02

    業界内最高レベルの

    高単価

  • 03

    参画後まで丁寧な

    サポート

あなたにぴったりの案件をご提案いたします

この記事に関連する案件