SVN の求人・案件一覧

SVNとは

CollabNet社が開発したオープンソースのバージョン管理システムをSVNといい、幅広いソフトウェアの開発現場で使用されています。ひとつのソフトウェアを複数のエンジニアが共同で手がける場合、ソースコードやドキュメントの管理をスムーズに行えます。ソースコードや変更点などは中央リポジトリに記録されるため、管理しやすいことが特徴です。基本的なコマンドはCVSと共通しているため、CVSの知識がある方は活用できるでしょう。Windows OSをはじめ、各種UNIX、Linux、Mac OS Xなど多様な環境で活用できるのも魅力的です。SVNのスキルを要する求人・案件には、自社内開発に携われるものが多数あり、やりがいをもって開発に取り組めます。

「SVN」は、Subversion(Apache Subversion)の略称。現在、多種多様なソフトウェア開発において活用されています。オープンソース形式のバージョン管理システムとして知られており、元々の開発はCollabNet社によるもの。分散型システムとして知られるBazaar/Git/Mercurialなどに対し、SVNは集中型と呼ばれています。
また、SVNが普及する前に広く使われていたバージョン管理システムに「CVS」がありますが、SVNはこのCVSが有していた問題の解決を図るために開発されました。こうした経緯から両者の基本コマンドには共通性が見られるため、CVSのスキルをお持ちの方にとってSVNは比較的使いやすいシステムと言えるかもしれません。
SVNの特色としては、ファイルを1つのリポジトリ内にまとめて格納している(同一コンピューター内に全ファイルを保管することができる)ため管理コストの削減が可能になること、複数人が同じファイルを同時に変更していくことができるのでチームでの作業に向いていること、などが挙げられます。導入に際しての費用はかかるものの、その分大きな恩恵を受けることができるようになると言えるでしょう。実際に、SVNを取り入れて開発を行っている企業は多数あるようです。
なお、レバテッククリエイターでは自社開発をはじめ、SVNの知見を活かせる求人・案件も保有しています。ぜひお気軽にご相談ください。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報