クリエイター職種図鑑20.Webプロデューサー

「自分のスキルの相場をしりたい」と思う方へ

簡単4ステップ!スキルや経験年数をポチポチ選ぶだけで、あなたのフリーランスとしての単価相場を算出します!

単価相場算出ページへ

※相場算出に個人情報の取得はおこないません。

Webプロデューサーの主な仕事内容

企画制作から売上げまで、プロジェクトの全責任を負う最高責任者

Webプロデューサーとは、クライアントから請け負ったWebサイトの企画から制作・運営まで、プロジェクトの全体を統括する最高責任者です。具体的な仕事内容としては、顧客へのヒアリングや要件定義、企画書の作成、プレゼンなど、サイト制作の実作業ではなく全体を管理・進行する業務が主となります。予算、コスト、納期の管理はもちろん、WebディレクターやWebデザイナーといった制作メンバー、外注スタッフの選定なども行い、プロジェクトを成功へと導きます。クライアントとの重要な交渉事などでは手腕を発揮させ、全体を俯瞰しながら会社の売上げや目標達成にコミットした施策を行う、それがWebプロデューサーの仕事です。

Webプロデューサーの求人・案件について

Webディレクターのさらに上流フローにおいて、コンテンツやWebを使った戦略についてプロデュースする職業がWebプロデューサーです。Webプロデューサーは他にもサイトの設計、コンセプトの設計、顧客折衝なども行ない、求人・案件で行う仕事内容は広範囲にわたります。Webプロデューサーとして求人・案件をこなすには経験が必要で、中にはWebディレクター出身者が多く、ほかにWebマーケターとして媒体をとおしたプロモーションを行ったことがある人が活躍しています。求人・案件の量としてはそこまで多くありませんが、需要は常に存在しています。

Webプロデューサーに必要なスキル

Webプロデューサーに必要なスキルは“総合力”です。プレイヤーとしての専門的な知識や技術があることはもちろんプラスになります。しかし、それ以上にクライアントとの関係を良好に保ち、彼らの要望を正確に把握するコミュニケーション能力、限られた予算内でプロジェクトを完了させる交渉力や管理能力、優秀なスタッフを内外から集めるコーディネーション能力など、総合的なマネジメント能力を持つことが重要であると言えます。さらに、Webプロデューサーはクライアントの目的達成だけでなく、自社の売り上げにもコミットしなければなりません。経営の視点で物事を考え、ビジネスセンスを磨いていくことが大切です。

Webプロデューサーの資格

Webプロデューサーになるための特別な資格はありません。しかし、プロジェクトの最高責任者という重要なポジションですから、業界における経験と実績は必然的に必要になります。一般的には、制作現場でWebプランナーやWebディレクターとして働いた後、徐々にプロデューサー業務へと移行していきます。経験を積む中で大切なのは、進化し続けるIT業界の情報を貪欲に収集する姿勢。なぜなら、クライアントのニーズに応えられる企画を立て続けなければならないからです。その他、経営やマーケティングなどの知識を身につけることや、内外のスタッフと円滑に仕事を進められるコミュニケーション能力を培うことも重要になってくるでしょう。

Webプロデューサーになるには

Webプロデューサーは、プロジェクトのトップに立って指揮、管理を行う責任あるポジションです。実績や経験がなくては務まらないといっても過言ではありません。そのため、まっすぐWebプロデューサーになる人は多くないでしょう。例えば、WebデザイナーやWebプログラマーを経験してからWebディレクターとステップアップする人もいます。異業種から転向する人もいるようですが、いずれにしてもある程度の社会経験は重視されるようです。Webプロデューサーは広範な知識を持っておいたほうが現場を統括しやすいと言われています。何かに長けるというより、全体を把握できる視野の広さ、現場への理解を高めることがより活躍できるポイントとなるでしょう。

Webプロデューサーの将来性

Webサービスの普及が進んでいる近年、Webプロデューサーの需要は高まっています。

WebプロデューサーはWeb制作現場において欠かせない存在ですが、高度なスキルが必要な職種ということもあり、人手不足が続いている状況です。具体的には、Web制作現場での実務経験だけではなく、企画力・マネジメントスキル・プレゼンテーションスキルなどが求められます。Web制作の知識・スキルのほか提案力や傾聴力といったコミュニケーションスキルがあるWebプロデューサーは、将来性があるといえるでしょう。

Webプロデューサーを目指すなら、WebデザイナーやWebプログラマーとして経験を積み、Webディレクター、Webプロデューサーとステップアップする方法があります。Webデザイナー・Webプログラマーとして実務に携わる際は、積極的にリーダーのポジションにつき、コミュニケーションスキルやマネジメントスキルを磨くのがポイントです。Webディレクターとして働く際は、企画力・データ分析能力といったマーケティングスキルを磨いておくと、Webプロデューサーにキャリアアップしたときに役立つでしょう。

Webプロデューサーのキャリアステップ

Webプロデューサーは、Webサイト制作で最上位に位置づけられることが多い職種です。一般的にはWebディレクターのキャリアアップ先とみなされる傾向が強いものの、Webプランナー、Webデザイナーといった他の関連職種からWebプロデューサーになるケースもあります。

それでは、Webプロデューサー自身の転向先となると、どのような立場が想定されるのでしょうか。例としては、企業の経営者・役員が挙げられます。この場合は、Webプロデューサー時代の実績とともに、事業運営に関する知見や高いマネジメント力が求められます。Webプロデューサーよりも、さらに経営者としての視点が重視されるようになることを覚えておきましょう。

また、フリーランスになるのもWebプロデューサーの選択肢の一つです。スキルと実績に加えて、会社員として働く中で築き上げた人脈を活用できる状態を確立しておくのが望ましいといえます。なお、フリーランスになれば、プロモーションからWebサイトの構築まで、あらゆる作業を自分でこなすことになるでしょう。

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!

Webプロデューサーに関連する職種

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。

■Webプロデューサーの職種図鑑ページをご覧の方へ
このページではWebプロデューサーの仕事内容や必要なスキル、資格などについて解説しています。
その他、フリーランスは派遣のWebプロデューサーを募集するの求人・案件や、派遣求人も掲載しています。
クリエイター職種図鑑ではデザイナーをはじめ、コーダーやディレクター、プランナーなど様々なクリエイター職種の説明を用意しています。Webプロデューサーの仕事以外にも気になる仕事があれば、他の職種図鑑ページをご覧ください。
Webプロデューサー未経験の方は自分のスキルや希望条件にあった求人・案件をお探しになる際に、その職種の仕事内容や募集の動向を知るためにお役立てください。また、レバテッククリエイターでは非公開の求人・案件も多数取り揃えていますので、Web上でご希望の条件にあった募集情報が見つからない場合はお気軽にご相談ください。

■レバテッククリエイターについて
レバテッククリエイターではWebやゲーム業界における求人・案件提案サービスであり、フリーランスや派遣社員として活躍するデザイナーやクリエイターの方々を対象とした募集情報掲載しています。掲載している募集情報は職種やデザインツールの他、単価や地域などの条件からもお探しいただけます。デザイナーやクリエイター募集に関する最新情報を扱っていますので、お気軽にお問い合わせください。

■正社員のクリエイター転職求人をお探しの方へ
正社員転職をご希望のクリエイターの方は、レバテック運営のレバテックキャリアをご利用ください。クリエイター向けの正社員転職求人を多数掲載しています。また、レバテックキャリアでは一般に公開されていない正社員向けの非公開求人も取り扱っています。まだ転職を迷っている段階の方から、具体的な転職プランをお持ちの方までお気軽にご相談ください。
クリエイターの皆様の転職成功に向け、豊富な業界知識をもったコーディネーターが皆様にご納得いただける求人をご提案し、転職活動を全力サポートいたします。