CSS3 の求人・案件一覧

CSS3とは

CSS3は、Webページの書式やレイアウトなどのデザインを定義する言語で、CSSの第3版として誕生しました。既存のCSSに、利便性の高い仕様を新たに追加したものがCSS3ですが、CSSとの互換性があることも特徴の一つです。
新たな仕様としては、文字の縦組み、段組み、ルビ、角丸、ドロップシャドウ、トランスフォーム、トランジション、アニメーション、透過色、グラデーションなど様々です。Firefox、Chrome、Safari、Operaの最新版では、多くのCSS3プロパティ・セレクタに対応しており、Internet Explorerでも、IE9では様々なプロパティ・セレクタに対応可能です。
CSS3は、実用的で認知度が高い言語の一つであり、求人・案件においては、CSS3に加え、HTML5、JavaScriptのスキルも求められていることがあります。

CSSは、Webサイトのスタイルを指定するための言語。HTMLで記述した文字の大きさや配置、配色などを指定するためのものです。
CSSの仕様は、Web技術の国際的な標準化を推進する非営利団体「W3C(World Wide Web Consortium)」によって策定されています。CSSの仕様はLebelで分けられており、CSS3はCSS Level 3のことを指すものです。CSS3は従来のCSSと比較して、アニメーションやFlexbox(フレキシブルボックス)、グラデーションなどの新しい表現が簡単に実現できるようになっています。Chrome、Firefox、Safari、Operaの最新版では多くのCSS3プロパティ・セレクタに対応。IE11でもアニメーションやグラデーションなどの装飾系のCSSを中心として使用可能です。
CSS3を用いる職種は、Webデザイナーやコーダーなど、Webサイトの構築に携わるものがほとんど。CSSの知識だけではなく、同時に用いられることが多いHTML5の知識も併せて必要となることが多いようです。その他、JavaScriptやPHPなどWeb開発に用いられるスクリプト言語の知識も身につければスキルアップにつながるでしょう
CSS3に関わる案件・求人をお探しの方は、レバテッククリエイターまでご相談ください。業界に精通したコーディネーターが、丁寧なヒアリングを通じて参画をサポートいたします。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る