HTML5 の求人・案件一覧

HTML5とは

HTML5は、Webページの記述に用いるマークアップ言語の事を指します。
HTMLの第5版として誕生し、従来のHTML 4と同じようなHTML文書の作成機能を改良することに加え、 Webアプリケーションを開発するための様々な仕様が新たに盛り込まれています。
このHTML5の大きな特長として挙げられるのが、Canvasタグによる2Dグラフィック表示ができることです。動的なコンテンツをプラグインなしで組み込めるようになり、HTML5を導入するサイトが増えている傾向にあります。
「Webアプリケーション」としての機能や、デバイスにとらわれないクロス・プラットフォームの技術として注目を浴びるHTML5は、フロントエンジニアやWebデザイナーが身につけておくと役立つスキルです。

HTML5とは、HTMLの改訂版第5版のこと。HTML(HyperTextMarkupLanguage)は文章に目印をつける役割があり、段落や見出し、箇条書きといった要素をコンピュータに認識させる文法となっています。HTMLが初めて開発されたのは1993年。その後バージョンアップを重ね、HTML5は2014年に発表されました。
HTML4から改善されたことは4点あります。1点目は、動画・音声データの埋め込みが容易になったこと。従来は「Flash」の技術が必要とされていましたが、HTML5では動画・音声をHTMLから扱えるようになりました。2点目は、文章構造が簡略化されたこと、3点目は、高度な機能の実現が可能となるAPIの追加により、ウェブアプリケーションを構築しやすくなったことです。4点目には、CSS3の使用によって描画表現の幅が広くなることが挙げられます。
Webアプリケーションの機能やクロス・プラットフォームの技術として注目されるHTML5の使用スキルは、Webデザイナーやフロントエンジニアなどに求められるようです。
なお、HTML5に関わるクリエイターの求人・案件をお探しの方は、レバテッククリエイターにご相談ください。レバテッククリエイターは、Web・ゲーム業界特化のフリーランス・派遣の案件提案サービスを実施。業界に精通したコーディネーターが、丁寧なカウンセリングでご参画をサポートしています。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る