レベルデザイン/パラメーター設計 の求人・案件一覧

レベルデザイン/パラメーター設計とは

レベルデザイン/パラメーター設計は、主にゲーム業界に関連した求人・案件でよく見られる業務です。レベルデザインは、全体のゲームバランスを考慮しながら、プレイヤーが楽しめるフィールドを構築していきます。例えば、ゲーム中でイベントが発生するポイントを考えたり、出現する敵やアイテムなどを配置したりするのもレベルデザインです。パラメーター設計では、キャラクターの能力値やアイテムの効力などの数値を調整し、ゲームバランスを整えます。
ゲームの面白さを左右するレベルデザイン/パラメーター設計は、ゲームプランナーなどと同じく企画力が必要になるだけでなく、ユーザーが使う時間やお金に見合った報酬を設定する設計力も求められます。レベルデザイン/パラメーター設計の業務を担当するためには、ゲーム制作現場における実務経験を積むことが重要になるでしょう。

レベルデザイン/パラメーター設計は、ゲーム業界に関連した案件・求人で多く見られます。ゲームの全体バランスを考慮した上で、プレイヤーが楽しめる仕様にしていく事が大きな役割です。
ゲームを制作する中で、ユーザーセグメントの分析は重要なフェーズです。ユーザーの中には1日1回プレイする程度のライトユーザーもいれば、1日のほとんどの時間プレイしているヘビーユーザーもいます。学生か社会人かによってもプレイ時間や課金額などは異なるため、ユーザーセグメントを振り分ける事はレベルデザインに欠かせない要素となります。例えばプレイ回数が少ないユーザーでも、ログインする度に報酬アイテムを用意する事で、ヘビーユーザーとの差を埋める事ができます。また魅力的なイベントやユーザー同士の協力プレイ要素などを盛り込みつつ、どのようなプレイ環境でも楽しめるゲームを作ることが求められます。
レベルデザイン/パラメータ設計の分野で活躍するためには、ゲーム開発の実務経験が問われます。特にソーシャルゲーム業界は変動が激しく、爆発的なヒット作品が生まれれば業績は一気に上昇しますが、翌年には他社のヒット作品にユーザーが流れてしまい衰退してしまう事も珍しくありません。ユーザーがどのようなゲームを求めているか、幅広い層が楽しめるゲームの特性を見極め、時代やトレンドに合わせたゲームバランスを提案していくことがレベルデザイン/パラメーター設計における醍醐味と言えます。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報