Q

ゲームデザイナーになるには、どういう道があるのでしょうか。

A

ゲームデザイナーとして活躍していくためには、ゲーム制作会社に就職したり、フリーランスで活動をしたりというさまざまな道があります。

企業担当 加藤大貴

詳しい解説はこちら

ゲームデザイナーが活躍できる場所とは

ゲームデザイナーとして活躍したいと考えた場合、就職先として想定されるのは、ゲームメーカーなどです。
近年、ゲームデザイナーの活躍の場はさらに広がっています。
とは言え、大手のゲームソフト会社やゲームメーカーの競争率は高いため、就職したいと考えた場合、しっかりとしたスキルを身につけておくことや、そのスキルをフルに活かして制作したポートフォリオの準備が必要です。
大手とまではいかずとも、ゲーム好きであれば知っているという企業も、就職先として魅力的です。大企業と比較すると、就職しやすい傾向にあり、活躍できる場面も多いです。中堅なだけあり、現場の意見も通りやすいという点があるので、「ゲームを作っている」という実感や、やりがいを感じられるのではないでしょうか。
雇用形態にしても、正社員から契約社員、アルバイトまでさまざまです。あなたに合った働き方を見つけましょう。

また、会社に所属せず、フリーランスとして活躍するという手もあります。学校を出て、一度会社で経験を積んで自信をつけてから独立する人もいれば、卒業してすぐにフリーランスのゲームデザイナーになるという人もいます。

さらに、ゲームデザイナーが活躍できる場は、ゲームソフト制作会社やゲームメーカーだけではありません。
近年、増加し続けているスマートフォン向けゲーム。開発が比較的カンタンで、アイディア勝負の部分もあるので、年々人気が上がっています。
今最も勢いのある業界といっても過言ではなく、まだまだ発展途上なので、活躍できる可能性は大いにあります。

ゲームデザイナーが身につけておきたいスキルはこれ

◆ゲームデザイナーに求められるスキル

ゲームデザイナーとして活躍するために求められるスキルはさまざまです。
どのようなスキルがゲーム制作の現場で活かせるのか、紹介します。

・デッサン力
自分の思い描くデザインを、きちんと形にできるデッサン力は必須です。
また、ゲームによって求められる画風が変わってくるので、さまざまな絵柄で描画できる力も求められます。
・ユーザー目線
ゲームデザイナーは、常に「ユーザー目線」を忘れないようにしなければなりません。
キャラクターをデザインする場合、自分の好みだけでデザインしても、それがユーザーに受け入れられなければ、そのキャラクターを使ったゲームは「売れるゲーム」にはならないでしょう。
・制作ソフト使用スキル
PhotoshopやIllustrator、Mayaなどのソフトを使って制作するスキル、経験を活かせる現場は多いです。
特にPhotoshopを使用する頻度は高いので、スキルを身につけておきましょう。Photoshopを使用できることで、ゲーム制作会社やゲームメーカーへの就職の道が大きく開けるのではないかと思います。

最後に、これはスキルではありませんが、受けたいゲーム会社のゲームをやりこんでおくことや、ゲームへの熱意は非常に重要です。

スキルアップするために経験しておきたいこと

◆ゲームデザイナーに必要な経験

ゲームデザイナーとして活躍していく上で、どのような経験を積めば高いスキルが身につくでしょうか。
ここでは、ゲームデザイナーにとってどんな経験が必要かを紹介します。

・デザイン経験
ゲーム業界か否かを問わず、デザインの経験がある方は重宝されるでしょう。
近年では3D映像のゲームが増加傾向にあるものの、昔ながらのドット絵が使われる場面も少なくありません。
アイコンやドット絵をデザインするスキルや経験がある方は、それを充分に活かせるのではないでしょうか。
・ポートフォリオの制作経験
ゲーム制作会社やゲームメーカーへの就職を考えた時、ポートフォリオの提出が必須の会社は少なくありません。
そのため、普段から練習としてもポートフォリオを作っておくことをオススメします。
鉛筆で描いたデッサンとCGを用意し、色はPhotoshopで塗りましょう。
また、気になる会社があったら積極的にポートフォリオを提出してみるのもよいかもしれません。
あなたの描いたイラストがきっかけで、仕事を任せてもらえるということもあるでしょう。
・ペンタブでの作業経験
普段アナログで絵を描いているという方は、ペンタブで絵を描くスキルを磨いておくとよいでしょう。ペンタブによる作業が苦手だと、入った会社がペンタブを使っての描画をメインとする場合に、作業がスムーズに進まないということがあるかと思います。

さまざまなツールを使って、さまざまな絵柄で描画することが、スキルアップには必要と言えるのではないでしょうか。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「憧れのゲームタイトルの制作に携わりたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報