Fireworks の求人・案件一覧

Fireworksとは

Adobe Fireworksは、アドビシステムズより販売されていたグラフィックツールです。ベジェ曲線のベクターツールを搭載している他、ラスター形式とベクター形式を同時に扱える、画質・圧縮形式の多様な変更に対応可能など、Webデザインに欠かすことができない便利な機能を多く備えています。
2012年5月、アドビシステムズよりFireworksの開発終了が発表されました。しかし、Fireworksは現在も多くのデザイナーやクリエイターに愛用されています。
FireworksはWeb制作会社や広告代理店などの現場で使用されており、求人・案件も安定的に存在します。IT業界にはまだFireworksが根付いており、スキルを持っている方を募集する求人・案件が多数あります。とくにWebデザイナー・Webディレクターを募集する求人・案件では、Fireworksの使用スキルや経験を重視されるようです。また、Web広告の進化で、バナー制作を行うデザイナーの求人・案件が増加しています。

Fireworksについて

Adobe Fireworksは、Web用グラフィックスを作成するためのソフトです。
印刷データからのWebサイト制作に向いているPhotoshopと違い、Web作成に特化しています。
Fireworksには、大量のデザインデータを扱う際に便利な「ページ機能」が備わっています。
共通モジュールを「マスターページ」として登録し、柔軟に多数のページ管理を行うことができます。
共通パーツをマスターレイヤーとして設定することで一括更新が可能となる機能で、Photoshopの「レイヤーカンプ」に類似していますが、
複数のページを一元的に管理できる点が、より優れています。
Fireworksは、ベクターデータの編集作業をピクセル単位で行います。
オブジェクトがピクセルに自動でフィットするため、ズレやにじみが生じません。
また、オブジェクトの幅、高さ、X座標、Y座標を数値入力によって編集できる上、オブジェクトのドラッグが容易です。
さらに、直感的な操作性を備えている上、レスポンスが軽いのが特長です。
パス調整は、Illustratorレベルの柔軟性を有しており、複数オブジェクトを同時に調整することも可能です。
また、小さな文字を描画する際、オーバーサンプル、強さ、シャープを数値で詳細に設定できる、カスタムのアンチエイリアス機能も便利です。
テキストの他、矩形オブジェクトのカラー置換や、書体の入れ替えが可能なほか、特定の色群や書体の一括変更ができます。
デザインツールとして業界内で圧倒的なシェアを誇っていましたが、2013年、米Adobe Systemsから開発終了が発表されたため、重複した機能を持つPhotoshopへの移行を視野に入れているエンジニアが増えています。

【レバテッククリエイターについて】
レバテッククリエイターはフリーランス (個人事業主) のデザイナーやクリエイターの方を対象とした求人・案件提案サービスです。IT・Web業界に特化した業務委託案件や派遣求人の募集情報を多数掲載しています。非公開の募集情報もございますのでお気軽にお問い合わせください。派遣求人の仕事については派遣求人特集ページにおいても掲載しています。
求人・案件は担当する職種や使用するデザインツールなど、皆様のご希望やスキルに合わせてお探しいただけます。また、当サイトの職種図鑑にてWebデザイナーの仕事内容やイラストレーターの仕事内容など、職種ごとの詳しい仕事内容について掲載しています。また、フリーランス (個人事業主) でなく正社員求人をお探しの方は、弊社運営の求人提案サービスであるレバテックキャリアにて仕事の情報をご覧いただけます。レバテックキャリアでほ転職希望のデザイナーやクリエイターを対象としたIT・Web業界の求人を多数掲載しています。
レバテッククリエイターはIT・Web業界で活躍されるデザイナーやクリエイターの方にとって良きパートナーを目指しております。
転職を希望される方でFireworksの仕事情報・正社員採用情報をお探しの場合は弊社が運営するレバテックキャリアをご利用ください。Fireworksに関する転職状況に精通したコーディネーターが正社員としての就職をサポートいたします。

他の案件を探す
XSIの募集求人・案件 プロダクトデザイナーの求人・案件 DTPデザイナーの募集案件

派遣求人の特集を見る
イラストレーターの派遣求人 Webデザイナーの派遣求人 アニメーターの派遣求人

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る