Q

ゲームクリエイターの働き方について知りたいです

A

勤務時間が比較的自由な職種です。ゲームメーカーや制作会社での就業のほか、転職で大手企業へのキャリアアップを図ったり、フリーランスとして独立する働き方もあります。

テクニカルカウンセラー 高橋 亜矢

詳しい解説はこちら

ゲームクリエイターのワークスタイルとキャリアパス

■ゲームクリエイターの一般的なワークスタイル

ゲームクリエイターは、基本的にゲームメーカーや制作会社で働きます。 働く時間は現場や立場によりさまざまですが、納期が近くなると稼働が高くなる傾向はあるようです。会社員や契約社員、フリーランスなど、契約形態によってもワークスタイルは異なりますが、納期とクオリティの両面を追求するため、タイトな状況でも奮起できるくらいゲームづくりが好きであることが大事な職種だともいえます。

■ゲームメーカー、ゲーム制作会社で働く

デームクリエイター関連の採用や、求人・案件への参画のハードルはやや高めで、ある程度の経験や学歴を求められることもあります。未経験でゲームクリエイターとしてのキャリアを踏み出せないでいる場合は、まずは比較的小規模な求人・案件でキャリアを積み、実績を作ってから転身することになるでしょう。 ソーシャルゲームなどが次々と展開されている今、ゲームクリエイターのニーズ自体は高まっているといえます。自分の得意分野を明らかにして、将来のキャリアまで考えながら経験を積んでいくことが大切になるでしょう。

■フリーランスゲームクリエイターとしてのワークスタイル

フリーランスの場合、確定申告や営業など本業以外の業務が増える一方、自分の興味のある仕事に挑戦するチャンスもあります。特定の会社に雇用されているゲームクリエイターは、所属している会社のゲーム関連の仕事が中心となりますが、フリーランスゲームクリエイターであれば、会社の枠を越えてさまざまなタイトルに参画するというワークスタイルもあり得ます。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「憧れのゲームタイトルの制作に携わりたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報