Q

ゲームクリエイターに必要なスキルについて教えてください

A

センスや発想力、ゲーム開発への情熱、市場のニーズを読む嗅覚などのほか、割り当てられたポジションの専門スキルなどが求められます。

テクニカルカウンセラー 山下 祐香理

詳しい解説はこちら

ゲームクリエイターに求められるスキル

■ゲームクリエイターに必要なスキルの例

ゲームクリエイターは、ゲームソフトの開発や制作を手掛ける仕事です。ゲームクリエイターという言葉そのものが職業として確立されているわけではなく、プログラマー、グラフィックデザイナー、プロデューサーなどゲーム制作に関わる職種の総称として使用されています。ゲームクリエイターは、企業の規模や種類によって業務が異なるため、求められるスキルも勤め先や現場によりさまざまです。

たとえば、自社内で開発から販売までを総合的に手がける比較的大手のゲームメーカーで働く場合で開発部門の担当となった場合は、技術的な要素が重視されるため、プログラミング経験やグラフィックデザインのスキル、デッサン力といった各業務の専門スキルが求められるでしょう。開発のみを行うゲーム開発会社に所属する場合は、ゲームメーカーからの発注に応じてゲームを制作する作業スピードが必要になると考えられます。

どちらの場合も、参画にあたっては、学歴や専門知識だけでなく、実績、発想力、センス、ゲームに対する情熱、市場のニーズを読む嗅覚などを求められます。学歴を直接見られるかは現場によりますが、ゲームクリエイターには主に専門学校卒や大卒の人が多いようです。技術や経験が重視される傾向がある一方、マーケティングなどを含む企画職志望の場合は、一定以上の学歴を求められることもあります。

また、個人でゲーム制作を行う場合もゲームクリエイターと呼称されることがありますが、この場合は必須スキルはありません。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「憧れのゲームタイトルの制作に携わりたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報