グラフィックデザイン の求人・案件一覧

グラフィックデザインとは

グラフィックデザインとは、情報やメッセージの発信を目的として作られたデザインのことを指します。ポスターや新聞・雑誌の広告、演劇・コンサートのフライヤーなど、対象となる領域の幅が広いことが特徴です。
グラフィックデザインの求人・案件は、広告代理店や印刷業界・デザイン会社のものがメインとなっています。しかし近年は、自社にデザイン部門を開設し、専任のデザイナーを募集する事業会社の求人・案件も増えてきているようです。事業会社では、ポスターやPOPなどの販促物などのデザインに加え、自社製品のパッケージデザインも作業内容に含まれる場合があります。IllustratorやPhotoshopなどの基本的なソフトをマスターして経験を積み、常にアンテナを張ってデザイントレンドにも敏感であることが、正社員や派遣、フリーランスとしてグラフィックデザインの仕事に携わる上で大切になってくるでしょう。

グラフィックデザインとは、文字や画像などを使い、メッセージや情報を伝達する手段のこと。パンフレットや新聞・雑誌の広告、ポスター、店舗の看板、書籍の表紙のデザインなど対象となる種類はさまざまあります。
似ている用語にビジュアルデザインがありますが、ビジュアルデザインとは、写真や絵によって視覚的な表現で情報を伝えるデザインのこと。生活空間にある視覚的な表現はすべてビジュアルデザインであり、グラフィックデザインはビジュアルデザインの1つといえます。
グラフィックデザインの求人・案件があるのは、広告制作会社やデザイン会社、広告代理店など。近年では会社にデザイン部門をつくり、専任のデザイナーを求める事業会社が増えているようです。
DTPデザインが主流となっているため、グラフィックデザインを行うにはIllustratorやPhotoshopの使用スキルが必要。Illustratorは、高度な絵画ツールや作業時間を短縮する機能を持つグラフィックアプリケーションで、Photoshopはデザインの作成や写真の編集などを行えるソフトウェアです。どちらもアドビシステムズが提供しているものです。
なお、グラフィックデザインの求人・案件をお探しの方は、レバテッククリエイターにご相談ください。業界に精通したコーディネーターがカウンセリングを行い、一人ひとりのスキルや経験に応じて参画のサポートをいたします。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報