デザインノート編集長 三嶋康次郎氏×PIXTA 岡洋介氏 「現代クリエイターの新しい活躍の仕方」

デザインノート編集長 三嶋康次郎氏×PIXTA 岡洋介氏 「現代クリエイターの新しい活躍の仕方」

現在デザイナーやイラストレーターとして活動しているクリエイター、あるいは広告・デザイン業界で働きたいと考えている学生の中には、クリエイターとしての働き方、今後のキャリアの積み方について悩んでいる人もいるのではないでしょうか。

そこで、「Creator’s Value」「PIXTA」「レバテック」の3サービスによるイラスト素材公募展「Creative Seeds Award 2016」の開催を記念し、クリエイター専門誌「デザインノート」「イラストノート」編集長の三嶋康次郎さんと、写真・イラスト・動画素材サイト「PIXTA」を運営するコンテンツ本部・クオリティー・インプルーブメント・グループリーダーの岡洋介さんの特別対談を実施しました。

「現代クリエイターの新しい活躍の仕方」をテーマに、リーマン・ショック前後に起きた広告・デザイン業界の変化や現代で活躍できるクリエイターの特徴、クリエイターとしてのキャリアの選び方など、幅広くお話を伺いました。

数々のトップクリエイターの仕事を間近に見てきた三嶋さんと、写真やイラスト、動画素材の販売で、クリエイターに新しい活躍の場を提供している岡さんならでは視点は、今後、広告・デザイン業界で活躍していきたい方に新しい気づきを与えてくれるはずです。

記事の最後には「Creative Seeds Award 2016」の募集要項も掲載していますので、自身の作品を世の中に広めるチャンスを掴みたい方は、ぜひご応募ください。

 
三嶋 康次郎(みしま こうじろう)さん
1962年大阪府出身。広告制作会社を経て、2002年に誠文堂新光社入社。現在はクリエイター専門誌「デザインノート」や「イラストノート」の編集長を務めている。そのほか、ビジネスや食、ペット、介護など幅広いジャンルの書籍も手がける。社内ベンチャーとして「デジタル・ピクチャーズ」という、ゲームや映像などのデジタルコンテンツ制作・管理の事業も運営する。


岡 洋介(おか ようすけ)さん
1975年千葉県出身。大学卒業後、情報関連機器の販売会社に勤務し、2006年にピクスタ株式会社入社。国内クリエイターのサポートや営業業務を通して黎明期のピクスタを支える。2013年にシンガポールの子会社設立に参画し、2015年からは再び国内クリエイターの支援活動に従事。現在はクオリティー・インプルーブメント・グループリーダーとして、コンテンツ審査と海外クリエイターの活動支援に力を入れている。

インタビュアー  

濱田 元紀(はまだ げんき)
美術大学卒業後、制作会社での勤務を経て2015年にレバレジーズ(現レバテック)入社。レバテッククリエイターの営業として、クリエイティブ領域における現場とクリエイターのマッチングに励んでいる。趣味はゲームと映画鑑賞。

Web・ゲーム業界の求人・案件に興味がある方へ

Web・ゲーム業界のクリエイター専門

レバテックに相談する3つのメリット

  • 01

    業界最大級の

    案件保有数

  • 02

    業界内最高レベルの

    高単価

  • 03

    参画後まで丁寧な

    サポート

あなたにぴったりの案件をご提案いたします

この記事に関連する案件