Q

ゲームクリエイターのスキルを独学で身につける勉強法にはどのようなものがありますか

A

参考書籍を読む、ウェブ上でのゲーム開発ツールを使用する、セミナーへの参加など、独学でゲームクリエイターのスキルを身に付ける方法はいくつかあります

企業担当 粕谷 里紗

詳しい解説はこちら

ゲームクリエイターのスキルを独学で身に付ける勉強法

ゲームクリエイターとは、ゲームを企画・構成するプランナー、プログラマー、筋書きを書くシナリオライター、キャラクターや背景を作製し、CGとして仕上げるグラフィックデザイナー、音楽担当者など、ゲーム作りにかかわる全ての人の呼称です。ゲームクリエイターになるために必要な学歴や資格はなく、独学でスキルを身に付ける人もいます。ここでは、その勉強法についてまとめてみました。

■参考書籍を読む

ゲームクリエイターになりたい人向けの書籍では、ゲーム業界の基礎知識、ゲームクリエイターの種類、ゲーム開発の流れ、ゲームの制作現場についてやゲーム制作に必要なプログラミング言語などが書かれています。それらを読むことで学習することができるでしょう。

■Unityなどのゲーム開発ツールを使用する

2Dゲームや3Dゲームを開発できるUnityでは、iPhone・Android・ Mac・Windowsなどさまざまなプラットフォームでゲームを制作することができます。ゲームの開発でよく使用する機能を、スムーズに使用できるようにまとまっているので、独学でもゲーム開発に関するプログラミング言語知識や技術を習得できるツールの一つといえます。

■セミナーに参加する

ゲーム制作・開発会社が開催しているセミナーでは、実際のゲーム作りの流れや制作現場についてなどを発信しています。そういったセミナーに自ら足を運び参加することで、ゲームの開発・制作についての情報を習得できるでしょう。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「憧れのゲームタイトルの制作に携わりたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報