知っておくと便利!Photoshopの切り抜き方法まとめ

デザイン制作で大いに活躍するPhotoshopの切り抜き機能。切り抜く対象物によって、上手くツールを使い分けることが効率的に業務をこなす鍵となります。

文字・人物・髪の毛など、用途に応じた切り抜き方法を教えてくれる記事をピックアップしたので、ぜひ参考にしてみてください。

文字を切り抜いて影を付けるレイヤーマスクの活用方法


Photoshopの切り抜きワザとして今回ご紹介したいのがこちらの記事。

記事内では、タイトルの通り文字を切り抜いて影をつける方法が丁寧に説明されています。説明で使用されているロゴも目を惹くデザインで非常にスタイリッシュ。

影を入れるだけで、このような一味違った質感を出せます。やり方を参考にして、表現の幅を広げてみてくださいね!

ブログ『THREEM DESING』を運営しているのは、世界規模のデザインコンテストの入賞に加えPhotoshopの専用書も出版している小笠原広記さん。ブログにはPhotoshopの応用術が多数アップされているので、じっくり目を通してみることをオススメします。

参照元:ちょっとした裏技!?Photoshopで文字を切り抜いて影を付けるレイヤーマスクの活用方法

切り抜きを極める!画像のトリミング方法10選


『PsGips』は、フリーのグラフィックデザイナーとして活躍中の古岡ひふみさんが運営するブログ。Photoshopユーザーに嬉しい、さまざまなデザインノウハウを発信しています。

その中からぜひ参考にしてほしいのが、こちらの記事です。

・不要な部分を取り除く
・特定のサイズで切り抜く
・不足している領域を増やす

という3パターンに分けて、トリミングの方法を教えてくれます。

項目ごとに一言メモが添えられているのも嬉しいポイント!一つ一つの手順が書かれているので、初心者の方も助かりますね。
紹介された方法をインプットして、トリミング技術を極めてみてはいかがでしょうか。

参照元:切り抜きを極める!画像のトリミング方法10選

人物の切り抜き方(CS5以降)


人物の切り抜き方に苦戦している、という方にぜひ参考にしていただきたいのがこちらの記事。Webデザイナーとして活躍中の管理人さんが運営するサイト『ぱたこぼ』内にある記事に切り抜き方の詳細が綴られています。

記事内でも触れているように、人物の切り抜きで一番やっかいなのが髪の毛。その細い髪の毛になぞって、一本一本切り抜くのは時間がかかるし至難の技です。

今回、サイト管理人さんが実践した方法が、ペンツールやクイック選択ツール、ブラシツールなどを駆使して切り抜くという方法。

髪の毛部分は大まかに切り取った後、マスク調整をかけて背景に馴染むようにブラシツールで微調整するとキレイに切り抜けるそうです。具体的なフローや、自然に切り抜くためのマスク調整のかけ方、ブラシツールの設定などの詳細は記事を確認してくださいね。

参照元:[photoshop]人物の切り抜き方(※CS5以降)

スライスツールを使わないスライス方法


『JUKELOG』は、管理人さんがWebデザインの技術や知識を備忘録として綴っているブログで、PhotoshopやIllustratorに関する記事が多いのが特徴です。Webデザイナーやイラストレーターを目指している方は、アクセスすると、仕事に役立つ記事と出会えるのではないでしょうか。

例えばこちらの記事もその中の一つ。DreamweaverとPhotoshopを使ってスライスする方法をもとに、管理人さんが自身でアレンジした画像の切り出し方法が紹介されています。

上記の方法を用いると、スライスツールを使わなくても、素早く欲しい部分の切り出しをすることが可能です!しかも、Illustratorにも応用できるそうなので、写真やロゴの切り出し作業が多い方は要チェックですよ。

画像の切り出しはケースによって適した方法が異なりますが、色々な方法を知っておくとデザインワークの効率化につながるかもしれませんよ。

参照元:スライス高速化-スライスツールを使わないスライス方法-


画像を文字で切り抜く方法


色鮮やかな写真を文字として切り抜くと、一味違ったオシャレなデザインに仕上げることができます。フライヤーやサイトのバナーなどで、そんな作品を見たことがある方もいることでしょう。実はこのような文字形の画像切り抜きは、要領さえ抑えておけば意外と簡単にできるんですよ。

ぜひマスターしたいという方は、デザインやWeb制作に関する記事がラインナップしている、『サルワカ』というサイトの中の記事に目を通してみてください。

Photoshop初心者でも理解しやすいように、キャプチャを交えながら、丁寧に切り抜き方法をレクチャーしてくれています。切り抜いた文字をより綺麗に見せるためのアドバイスも添えられているので、目を引くデザインを考えるときに役立ちそうですよ。

また、サイト内にはデザイン以外にも、暮らしの知恵や雑学などに関する記事も掲載されているので、他の記事もぜひ読んでみてくださいね!仕事やプライベートを充実させるためのヒントが得られるのではないでしょうか。

参照元:【フォトショップ】画像を文字で切り抜く方法

Photoshopのチャンネルを使い髪の毛を切り抜く方法


京都でWebデザインの仕事をしているackyさんのサイト『acky.info』には、彼が手掛けた作品をはじめ、CSSテクニックやデザインをするときに役立つ記事がエントリーしています。その中には、細かい画像の切り抜きをスムーズに行う方法を紹介した記事もありました!

この記事では人物写真を例にあげ、輪郭のはっきりした部分をパスを使って切り抜き、細かい髪の毛の部分は投げ縄ツールとチャンネルを使って範囲選択をしてから切り抜きを行うという方法が記載されています。

動画も載っているので併せてチェックしておくと、より詳しい作業工程を知ることができますよ。

細かい部分の切り抜き作業はストレスが掛かるだけでなく工数も気になるところですが、ackyさんの教えてくれた方法ならその心配も軽減されそうですね。

参照元:Photoshopのチャンネルを使って髪の毛を切り抜く方法

Illustratorとの連携方法


Photoshopの切り抜きをIllustratorと連携させて使いたい時に参考になるのがこちらの記事。Photoshopで切り取った画像をIllustratorに貼り付ける工程が、動画+テキストで説明されています。参考書のように細かくポイント解説がされているため、初心者でも無理なく読み進めることができますよ!

記事が掲載されている『闇雲に書いた96記事から乗り換え 情報配信で脱線しないOL物語』は、OL・デザイナー・ライターと様々な肩書きを持つうみぞうさんのブログ。

画像加工の方法・初心者向けIllustrator講座など、デザイナーに嬉しい情報が満載です。うみぞうさんのわかりやすい解説記事を見て、知識の幅を広げてみてはいかがでしょう?

参照元:フォトショップの切り取り貼り付けで動きのある紙面に

Web・ゲーム業界の求人・案件に興味がある方へ

Web・ゲーム業界のクリエイター専門

レバテックに相談する3つのメリット

  • 01

    業界最大級の

    案件保有数

  • 02

    業界内最高レベルの

    高単価

  • 03

    参画後まで丁寧な

    サポート

あなたにぴったりの案件をご提案いたします

この記事に関連する案件