2016年1月30日

制作に行き詰まったら眺めたい

バナーデザインの参考になるバナーまとめサイト7選

バナーデザインの参考になるバナーまとめサイト7選

限られたスペースの中でターゲットに訴求しなければならない「バナー」のデザイン
「つい似たようなものばかり作ってしまう」「仕上げがいまひとつピンとこない…」など、制作に悩むクリエイターの方もいるはず。今回は、そんなときに眺めたいバナーまとめサイト7つをご紹介します。
 
 


◆バナー制作の参考になるサイト7選

・Retrobanner

http://retrobanner.net/

 

6000種類以上(2016年1月現在)の広告バナーを集めて一覧表示しているサイト。サイズ、色、業種、テイスト(シンプル、かわいい、など)でカテゴリ分けできます。マウスオンで原寸表示できたり、画像の中でよく使われている10色をカラーパレットでダウンロードできたりするのが特徴です。
 

・バナーまとめ

http://bannermatome.com/
 

14400個(2016年1月現在)という圧倒的な掲載数を誇るサイト。色、業種の他に「立体風バナー」「手書き風フォントバナー」などの、少し珍しいカテゴリで絞ることもできます。スマホバナーやFLASHバナーのまとめブログもあります。
 

・Banner Design Archive

http://banner.keizine.net/
 

Pinterest風に、画面いっぱいのサイトバナー画像を下へ下へとスクロールしながら見るサイト。気になったバナーをクリックすると、同じサイズのバナーをランダムでサジェストしてくれる機能もあり。サイズ、色、業種の他に、サイト横にある虫眼鏡からフリーワード検索もできます
 

・BANNER LINKS

http://nonamedesign.info/banner/
 

ピンクの背景に黄色のストライプというサイトデザインからも伝わるように、女性に訴求できそうな、洗練されたデザインのバナーが多く掲載されています。女性向けサービスのデザインバナーを作るときの参考などに良いかもしれませんね。
 
 

・バナーデザインギャラリー 

http://www.banner-design-gallery.com/
 

こちらは投稿型のまとめサイト。サイズ、カラーの他に、あまり数は多くないですが「海外」というカテゴリもあります。バナーごとに「color」と「rate」が設定されていて、「人気順」にソートすると「rate」の高い広告バナーが上に表示されるようになっています
 

・banner gallery 

http://bannergallery.net/
 

このサイトの特徴は、サイズの種類が多いこと。33種類のサイズ+その他で、自分の見たいサイズの広告バナーを細かく比較することができます。サイズにかかわらず、一覧は正方形のタイル状なので、ひと目で多くのバナーを比較できるのもいいですね。
 
 

・ブブンデザインアーカイブ

http://bubundesignarchive.jp/mvs/
 

こちらはバナーではなく、Webサイトの「ブブン」を集めたサイトです。グローバルナビゲーションやログインフォーム、パンくずリストなどを集めています。文字や色の配置から、バナーにアイデアを応用できるかもしれませんね。
 
 


いかがでしたでしょうか。他には「Pinterestを眺めている」というクリエイターや、『ランディングページ集めました』など「バナー以外にも参考になるものは何でも見る」という方もいるようです。普段から多くのグラフィックデザインに触れておくことで、より良いインスピレーションが得られるのかもしれませんね。

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

この記事に関連する案件

Webデザイナーの案件を見る

人気のスキルの求人・案件情報

レバテッククリエイター
おすすめコンテンツ

レバテッククリエイターはWeb・ゲーム業界に特化したデザイナー・クリエイター向けの求人・案件提案サービスです。