Q

映像クリエイターになるにはどうすれば良いか教えてください。

A

映像クリエイターとして活躍するためには、まず広告代理店や映像製作会社など映像関連の企業に就職するのが一般的です。様々な経験を積んだ後に、フリーランスとして独立することもできます。

テクニカルカウンセラー 高橋 亜矢

詳しい解説はこちら

まずは映像関連企業に就職することが一般的です

◆映像クリエイターとは?

映像クリエイターは、映像全般に関わる職種です。動画クリエイターといった呼ばれ方をすることもあります。携わる業界は幅広く、テレビ、映画、CM、Webコンテンツ、ゲーム、映画など様々です。
映像クリエイターは、「制作系」と「技術系」に大別することができます。「制作系」には企画などに携わるプロデューサーやディレクターなどがあり、「技術系」にはより専門的な業務を行う編集オペレーターやCGクリエイターなどがあります。

◆映像クリエイターはどのような企業で活躍しているのか?

映像クリエイターは多くの映像に関わる職種の総称を指すため、活躍できる企業は幅広く存在します。
<映像クリエイターが活躍する代表的な企業>
・広告代理店
・映像制作会社
・テレビ局
・ビデオ制作会社
・ゲーム制作会社 など

◆映像クリエイターになる方法

映像クリエイターを目指すためには、まず上記のような映像を手掛ける企業に就職するのが一般的です。様々な業界から求人・案件が出ているため、業務内容などの要項をしっかり確認する必要があります。
また、経験の浅い方やスキルに自信のない方は、アルバイトから始めてみるという方法もあります。映像制作関連ではアルバイトを必要とする企業も比較的多いため、スキルを磨きながら経験を積むことも可能です。
さらに、企業で多くの経験を積んだ後に、フリーランスや個人事務所を立ち上げて独立する方も多くいます。

「制作系」と「技術系」で必要なスキルは異なります

◆映像クリエイターになるために必要なスキルとは?

先ほども述べたように映像クリエイターの職種は、「制作系」と「技術系」大きく2つに分けられます。そのため、どのような職種を目指すのかで必要なスキルが異なります。

◆「制作系」の映像クリエイターに必要なスキル

制作系にはプロデューサーやディレクターなどが含まれ、企画や制作などの業務を主に行います。プロデューサーやディレクターは、制作における進行の管理やプロジェクトに関わる多くのメンバーをまとめる役割を果たすため、様々なスキルが必要です。
・マネジメントスキル
・リーダーシップ
・コミュニケーションスキル
・スケジュール、予算管理能力

上記のようなスキルに加えて、技術系やマーケティングなど幅広い知識を習得することでより活躍の幅を広げることができるでしょう。

◆「技術系」の映像クリエイターに必要なスキル

技術系の映像クリエイターには、編集オペレーターやCGクリエイター、さらにカメラマンやカメラアシスタントなども含まれ、それぞれに必要なスキルは異なります。撮影、編集、CG制作などを行うため、より専門的なスキルが必要です。
例えば編集オペレーターの場合、Adobe PremiereやAfter Effectsといった編集ソフトのスキルが必須と言えます。またCGクリエイターの場合であれば、Mayaや3dsMaxなどのツールのスキルが求められるでしょう。現在では「制作系」の映像クリエイターでも比較的簡単に使用できるツールもあるため、より専門的で高度なスキルを習得しておくと企業での採用にも有利に働きます。

◆「制作系」と「技術系」で共通するスキル

クライアントがどのような映像を求めているのか的確に把握できるスキルは、「制作系」と「技術系」どちらの映像クリエイターにも必要と言えます。また、印象に残るような映像を作り上げるためには、高度な技術や知識のほかにセンスも重要です。常にトレンドをキャッチアップして、センスを磨くことで映像クリエイターとしてより活躍できるでしょう。

個人的な映像制作の経験もスキルアップに繋がります

◆高いスキルを身に付けるために必要な経験とは?

・実務経験
映像クリエイターを目指すのであれば、広告代理店や映像制作会社など映像系の企業に就職して多くの経験を積むのが一般的です。入社後すぐは先輩スタッフのもとで様々なアシストを行う業務が多いでしょう。現場で様々な実務経験を積むことで、徐々に高いスキルを習得することができます。

・技術的経験
技術系の映像クリエイターには、より専門的な知識やスキルが必要になります。例えばCGクリエイターの場合、CG制作に必要なグラフィックツールの知識・スキルは必須です。技術的なスキルを習得するために、現場でも個人でもツールを用いた技術的な経験を多く積んでおくことが大切でしょう。さらにそれらの経験があれば即戦力にもなるため、求人・案件を探す際にも有効です。

・個人としての制作経験
近年、ツールなどの技術は進歩しており、自宅でもクオリティの高い映像制作を行うことができるようになりました。さらに以前に比べ、youtubeなどの動画投稿サイトが一般的に利用されるようになり、チュートリアルサイトなども多く存在します。
動画サイトに自ら制作した映像を投稿することができるようになり、制作した映像を個人的にアップする若手のクリエイターも多くいます。たくさんの人の目に触れることで良い経験を積むことができ、それによってスキルアップも期待できるでしょう。

クリエイターの求人・案件探しは、
レバテッククリエイターへ

レバテッククリエイターでは、フリーランスや派遣で働くクリエイターを対象とした求人・案件の提案サービスを行っています。Web業界やゲーム業界を中心に年間1000件以上(※)の取り扱いがあり、様々なスキルを活かせる案件の提案が可能です。
※2016年度実績 自社調べ
求人・案件探しの相談をする

また、「今よりも年収をアップさせたい」「憧れのゲームタイトルの制作に携わりたい」などの理由からフリーランスへの転向を検討している方には、無料の個別相談会も実施していますのでお気軽にご相談ください。業界に精通したプロのコーディネーターが、一人ひとりの希望や状況に合わせて丁寧にサポートします。
「個別相談会」に申し込む

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報