2016年5月12日

UXを学んでデザインスキルをアップ

いまさら聞けないUXの基本。初心者デザイナーが読むべきUX入門記事9選

いまさら聞けないUXの基本。初心者デザイナーが読むべきUX入門記事9選

「UXってよく聞くけれど、一体何を指しているのかイマイチ分からない……」という初心者デザイナーのために、UXの参考記事を9つご紹介します。

「UXとは一体何なのか?」「どのようにデザインすればいいのか?」「モバイルのUI / UXのポイントは?」など、UXの疑問に答える記事をピックアップしています。
なんとなくわかっている気になっているけど、実は詳しいことはわからないという方にもおすすめですよ。


UXの解説 

UXとは?

UXは「User Experience(ユーザーエクスペリエンス)」の略で、「ユーザー体験」という意味です。
製品やサービスを利用する際に得られる体験のことで、Webサービスに限らず、現実の製品やサービスにも当てはめられる概念です。
単純に機能の使いやすさを示す言葉ではなく、その製品・サービスを使用した際の一連の体験を指していることに注意が必要です。

UIとの違いは?

UIは「User Interface(ユーザーインターフェース)」の略で、ユーザーが機器やデバイスなどを操作するための視覚的要素を指します。
製品の場合は製品自体や外観、Webサイトやアプリの場合はメニューやフォントなどの視覚的要素がUIとなります。
UIは、UXを構成するひとつの要素です。
 
しかし、デザイン関連の話題ではよくUI / UXという表記をします。
UIとUXがひとくくりにされることが多いのは、高いUXを実現するには優れたUIがほぼ必須だからです。
 
基本的な操作でつまずいてしまうようなUIでは、ユーザーが製品やサービスを通じて得られたはずの好ましい体験・経験を得る前に離脱されてしまいます。
UIがユーザーにとって不親切ならば、半ば必然的にUXも低くなってしまうのです。


UXを理解するための記事

1.今さら聞けないUXの基本と活用の仕方 / 1pixel


http://ameblo.jp/ca-1pixel/entry-11921318178.html
 
「Amebaブログ」などを提供するサイバーエージェントのクリエイターズブログです。
UXの基本的な解説から始まり、「UXをデザインするためのポイント」「UXを検証するための視点」を解説しています。
事例を元に5W1H形式でUXの要件を整理する流れを解説しており、初心者にも分かりやすい内容になっています。

2.UX(ユーエックス)ってなんだ?実際に活躍している人たちに聞いてみた / 電通報


http://dentsu-ho.com/articles/3587
 
UXデザイナー / ディレクターとして活躍している方に、UXの概念、大事にしているポイント、学習方法などをインタビューした記事です。
現役で活躍しているUXデザイナー / ディレクターが実際の仕事を通して感じたことを回答しているので、UXを理解する参考になります。  

3.ThinkIT-クックパッド流「ユーザーファースト」の秘訣 / ThinkIT


https://thinkit.co.jp/article/1965
 
クックパッド株式会社・ユーザーファースト推進室の倉光 美和さんがユーザーファーストの秘訣を明かしています。
月間ユーザー数が5,000万人を超える大規模なレシピサイト「クックパッド」がいかにしてユーザーに支持されるサイトになったのか、その理由がよく分かるインタビュー記事です。
ユーザーファーストはUXに大きく関係しているので、UXを理解するために成功しているサイトからユーザーファーストの秘訣を学んでおきましょう。

4.UI/UXデザイナーなら一度は目を通しておきたい「デザイン原則」まとめ【随時更新】 / UX INSPIRATION!


http://uxxinspiration.com/2014/02/design-principles/
 
認知心理学者のドナルド・A. ノーマン博士、ユーザビリティ・インターフェース工学分野の権威であるヤコブ・ニールセン博士の提唱するデザインの原則、モバイルやウェアラブルデバイスのガイドラインなどをまとめた記事です。
初心者・中上級者に関わらず、多くのデザイナーにとって参考になる内容となっています。

5.これだけは押さえておきたいアプリのUXを改善する10の方法 / UX MILK


http://uxmilk.jp/18158
 
スマートフォンアプリのUI/UX改善のポイントを整理した記事です。
ユーザーにストレスを与えない快適なUIデザインにするための10の方法を紹介しています。
使いやすいアプリにするために最低限必要な項目をシンプルにまとめています。

6.メニューのデザイン:ユーザーを手助けする、15のUXガイドライン / U-Site


http://u-site.jp/alertbox/menu-design
 
UX改善のアドバイスやトレーニングを行っているデジタル戦略マネージャー・Kathryn Whitentonさんの記事を翻訳した記事です。
Webサイトやアプリでユーザーの操作を助けるメニューのUXガイドラインがまとめてあります。
どのようなポイントに注意してUIデザインをすればいいのかが分かるので、デザイン初心者は要チェックです。 

7.モバイル向けUI/UXデザイン10のポイント / freshtrax


http://blog.btrax.com/jp/2014/08/24/mobile-design/
 
米サンフランシスコに本社を置くクリエイティブ・エイジェンシーbtraxの記事です。
高いUXを実化するための、UIデザイン・UXデザインの10個のポイントを解説しています。
アプリのデザインをする際、どういったポイントに気をつければいいのかがよく分かります。

8.UIデザインで大切な空白スペースの効果的な使い方 / コリス


http://coliss.com/articles/build-websites/operation/design/white-space-is-crucial-to-ux-design-by-jerry.html 
 
本記事ではUI・UXを高めるための空白スペースの効果的な使い方を紹介しています。
空白スペース(余白)もデザインの一部で、パーツや情報を詰め過ぎると見づらいデザインになってしまいます。
ただ余白を設ければいいというわけではないので、どういったポイントを抑えてデザインすべきか学ぶためにぜひ目を通してください。

9.最前線IT企業のデザイナーたちが参考にしてきた「UI・UXの良書」とは / nanapi


https://book.nanapi.jp/124159
 
グリー株式会社、ヤフー株式会社、GMOインターネット株式会社、GMOペパボ株式会社、ピクスタ株式会社、株式会社ブラケット、株式会社リブセンスのITの有名企業7社のデザイナーが、それぞれおすすめのUI / UX関連の書籍を紹介しています。
書籍でUI / UXを学びたい方は参考にしてみてはいかがでしょう。


まとめ

UXを高めるためには、徹底的にユーザーの視点になって考えることが大切です。
デザイン初心者のうちからUXを学んでおくと、ユーザー視点での制作・開発を癖付けしやすくなります。
今回紹介した記事を参考に、ぜひUXをじっくり学んでみてください。

役に立った/参考になったと思ったら、シェアをお願いします。

この記事に関連する案件

すべての案件を見る

人気のスキルの求人・案件情報

レバテッククリエイター
おすすめコンテンツ

レバテッククリエイターはWeb・ゲーム業界に特化したデザイナー・クリエイター向けの求人・案件提案サービスです。