クリエイター職種図鑑29.Webクリエイター

Webクリエイターの主な仕事内容

Webサイト制作に関わる職種全般がWebクリエイター

Webサイトの制作には様々な職種が関わります。Webクリエイターとは、Web制作に関わる職種全般を指し、ディレクターやデザイナー、エンジニアなど幅広い職種が含まれます。制作現場を牽引するのは、Webディレクターと呼ばれるポジションです。スケジュール調整や見積り、Webクリエイター全体のマネジメントなどを行います。サイトの構成やレイアウトを行うのは、Webデザイナーです。HTML、CSSを用いてコーディングまで手掛ける場合もあります。通販サイトやSNSなどWeb上のアプリケーション開発は、Webエンジニアの業務範囲です。設計からプログラミング、テスト、運営保守まで幅広く対応する職業です。

Webクリエイターの求人・案件について

Webサイトをビジネス戦略に活用する企業が増加したことで、Web業界も勢いを増しています。様々な職種があるWebクリエイターですが、求人サイトではWebディレクターやWebデザイナーの求人・案件が大半を占めているようです。求人・案件の中にはWeb制作会社のほか、自社サービスの制作に力を入れている企業も増えています。正社員や派遣社員のほか、業務委託など多様な業務形態があるのも特徴です。WebクリエイターとしてWeb制作の現場に関わりたい方は、希望する職種を明確に定めた上で、自身に適した求人・案件に的を絞るとよいでしょう。キャリアプランやロールモデルの選定も重要です。

Webクリエイターの資格

Web業界では現在、Flashなどを使ったインタラクティブなサイトや、JavaScriptを駆使した動的なサイトが増えています。サイトの表現力が向上したということは、Webクリエイターに要求されるスキルも高くなっているという見方ができるでしょう。Webクリエイターに必須の資格はありませんが、サーティーファイが実施している「Webクリエイター能力認定試験」は、デザインやコーディングといった現場のワークフローに沿った実務スキルが証明でき、さまざまな求人・案件の参画に繋がります。Webクリエイターには、ディレクターやデザイナーなど多様な職種が含まれますが、どのポジションに就くにしてもワークフローの理解は不可欠です。

Webクリエイターになるには

Webクリエイターというと幅広い職種を指すので、それぞれのジャンルによって目指し方が異なります。いずれにも共通して言えることは、デザインの知識があるかどうかです。
比較的新しい職種であるWebクリエイターは、それに関連した書籍や専門スクールなどが次々に生まれている状態であり、独学で学ぶことも可能。Webクリエイター向けの資格も展開されているので、受験はせずとも、それに向けた学習を進めて知識を身につけておくのも良いかもしれません。
デザインの知識を活かしてWebデザイナーやエンジニアになり、作業に余裕を持って進めることができるようになれば、Webディレクターなどに進むという流れが一般的です。

Webクリエイターの将来性

Webクリエイターを取り巻く環境は、飛躍的な進化を続けています。Webサイト制作における流行や美的センスのニーズなどを敏感に察知できるよう、普段の作業だけでなく学ぶ姿勢を崩さないことが明るい未来へとつながるかもしれません。
スマートフォンの普及率が高く、より身近な存在になっている現状で、ユーザーが求めるサービスや嗜好は多様化しています。同時にWebサイト制作に興味を持ち、Webクリエイターを志望する人も増えています。競争率の高い業界で勝ち抜いていくためには、クライアントの要求に応えながらもオリジナルな創造性を表現すること。そうして実務経験を重ねていくことにより、さらなるステップアップが目指せることでしょう。

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。