Q

Webクリエイターになるにはどんなスキルや資格が必要ですか。

A

Webクリエイターになるには、PhotoshopやIllustrator、HTML、CSSのスキルが必要です。資格は必須ではありませんが、Webクリエイター能力認定試験やWebデザイナー検定を取得しておくと、求人・案件に応募する際にアピール材料になる可能性があります。

企業担当 粕谷 里紗

詳しい解説はこちら

目次

1. Webクリエイターの仕事内容
2. Webクリエイターに必要なスキル
3. Webクリエイターになるには資格は必要?
 

1. Webクリエイターの仕事内容

Webクリエイターの仕事内容は企業によって異なりますが、以下の例が挙げられます。
 

Webサイトのデザイン

Webクリエイターは、クライアントやプロジェクトチームのメンバーと相談した上でWebサイトのデザインを考案します。PhotoshopやIllustratorなどを使ってレイアウトを作成し、クライアントの要望に沿ったデザインになっているか確認をとってから制作に移る流れです。

なお、Photoshopは写真の編集・加工や画像の編集などを行うグラフィックソフトです。Illustratorは、イラスト・地図・グラフの作成やポスターのデザインなどを行う際に使われています。

WebクリエイターがWebサイトのデザインに携わる際は、ロゴの配置や画像の加工、動画の作成などを行います。
 

Webサイトのコーディング

コーディングは、Webサイトの文章の構造や色、背景などを調整する作業を指します。企業によっては、Webクリエイターではなくコーダーがコーディングを担当することもあるようです。

コーディングの際に使うのは、主にHTMLやCSS、JavaScriptです。HTMLはWebサイトの文章の段落や見出し、CSSは文字のサイズや色、背景などを指定するために使います。JavaScriptは、動的なWebサイトを作る際に使うプログラミング言語です。

なお、「WebクリエイターとWebデザイナーの違いがよくわからない」という方もいると考えられますが、両職種に明確な定義はありません。WebクリエイターやWebデザイナーの仕事内容、定義は企業によって異なるため、Webクリエイターに興味のある方はWebデザイナーの求人・案件にも目を向けると選択肢を増やせる可能性があります。
 

2. Webクリエイターに必要なスキル

Webクリエイターに必要なスキルとして、以下の例が挙げられます。
 

PhotoshopやIllustratorのスキル

Webクリエイターとしてデザイン制作に携わる際は、基本的にPhotoshopやIllustratorのスキルが必要になると考えられます。

PhotoshopやIllustratorを初めて学ぶ場合、提供元であるAdobe社のチュートリアルのほか書籍や学習サイトを活用するとよいでしょう。挫折することのないよう、はじめは入門編で基礎を学び、知識が身についてきたら応用編にチャレンジすることをおすすめします。
 

HTMLやCSSのスキル

Webクリエイターとしてコーディングを行う場合、基本的にHTMLやCSSのスキルが必要です。Webクリエイターとしてコーディングを担当するかは企業によって異なりますが、事前にHTMLやCSSのスキルを身につけておけば、求人・案件の選択肢を増やせると考えられます。

HTMLやCSSを習得する際は、書籍や学習サイトのほか、スクールを活用する方法があります。スクールの場合、学校で授業を受けるコースだけではなくオンライン講座で学べるコースを用意している場合もあるため、通学の手間を省きたい方は後者を選ぶとよいでしょう。
 

コミュニケーションスキル

WebクリエイターはクライアントからWebサイトの完成イメージを聞き、ニーズを汲み取ってデザインを考案する役割があります。傾聴することを心がけるとともに、認識違いを防ぐために疑問点を適宜質問する姿勢も大切になるでしょう。

そのほか、Webクリエイターとして働く際は、ディレクターやライター、エンジニアといったプロジェクトメンバーと連携して作業を進める必要があります。トラブルが起きた際は速やかに共有する、デザインの提案時は専門知識がない人も理解できる説明を心がけるといったことを実践すれば、業務を円滑に進められると考えられます。
 

3. Webクリエイターになるには資格は必要?

未経験からWebクリエイターになるために資格は必須ではありませんが、取得しておくことで求人・案件への応募時にアピール材料になる可能性があります。また、事前にWebクリエイターに必要な知識を身につけておけば、実務に活かせて業務をスムーズに進められるでしょう。

Webクリエイターになる際に役立つ資格の例として、以下の2つが挙げられます。
 

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター能力認定試験は、サーティファイWeb利用・技術認定委員会が運営・認定する資格です。Webクリエイター能力認定試験には「スタンダード」と「エキスパート」の2つのレベルがあり、Webサイト制作のデザイン能力やHTML・CSSなどによるコーディング能力があることを証明します。

Webクリエイター能力認定試験の公式サイトには、試験と同じ形式のサンプル問題が掲載されています。そのほか、同試験の公式サイトにはサーティファイWeb利用・技術認定委員会が発行している公式問題集の紹介ページもあるため、試験勉強をする際は参考にしてみてください。
 

Webデザイナー検定

Webデザイナー検定は、公益財団法人の画像情報教育振興協会(CG-ARTS)が実施する試験です。Webデザイナー検定には「ベーシック」と「エキスパート」の2つのレベルがあり、Webサイト制作におけるコンセプトメイキングやテスト、運用などの知識があることを証明します。

Webデザイナー検定の受験対策をする際は、公式問題集を繰り返し解いたり、公式サイトに掲載されているサンプル問題を解いたりするとよいでしょう。

※本記事は2020年1月時点の情報を基に執筆しております。

人気のスキルの求人・案件情報

人気の言語の求人・案件情報