DTPデザイナーの平均年収はどのくらい?上げるにはどうすればいい?

DTPデザイナーの平均年収はどのくらい?上げるにはどうすればいい?

印刷物のデザインから入稿データの制作までを行うDTPデザイナー。昨今では、インターネットの発展により需要が縮小しつつあります。それに伴い求人数も減少傾向にありますが、気になるのはその年収ですよね。本記事では、DTPデザイナーの年収について解説します。

目次

DTPデザイナーとは?仕事内容やDTPオペレーターとの違いは?

DTPとは、Desk Top Publishingの略で、印刷物のデザインから入稿データの制作までを一貫してパソコンで行う仕事のことを言います。DTPデザイナーは、この作業を行う人のこと。デザインを行うのは、雑誌や書籍、紙の広告、ポスターや看板、ハガキなどさまざまな紙媒体です。

デザインができたら、DTPソフトで行間や文字、画像の色味を調整したり、写真を盛り込んだりと、印刷物をより見やすく美しくするための作業を行い、印刷、工程へ持ち込みます。

DTPソフト以外にも、PhotoshopやIllustrator、InDesignなどを使用するため、これらのデザインソフトを使いこなすスキルも必要です。

DTPデザイナーとDTPオペレーターとの違いは、企業によって明確にわけられていないことが多いものの、デザイナーはデザインから印刷工程まで一貫して行うことが多い一方で、オペレーターはデザインを行いません。一般的にはこの分け方がされますが、いずれも両方やらなければいけないこともあれば、いずれも片方だけの作業しか行わないケースもあります。

DTPデザイナーの平均年収は低い?相場はどのくらい?

求人ボックスなどの人材サービスによると、DTPデザイナーの年収は300万円〜400万円がボリュームゾーンのようです。厚生労働省が発表している賃金構造基本統計調査からわかる全体の平均年収455万円と比較すると、低めであることがわかります。

得られる年収は勤務先や年齢、経験等によって異なるものであり、DTPデザイナーにおいても同様です。例えば、下請けのデザイン制作会社で働いている人よりも、大手広告代理店や出版社、メーカーなどで勤務している人の方が待遇がいいことが多い傾向に。

また、働き方によっても大きく異なります。フリーランスとして独立している場合、仕事が全然取れなくてほとんど収入がない人もいれば、うまく高単価な案件を取り続けて年収1000万円近く稼いでいる人も。上記の年収はあくまでも平均値ですので、参考程度にとどめてください。

DTPデザイナーが年収を上げるにはどうすればいい?

DTPデザイナーの平均年収はやや低めであることがわかりましたが、上げていくにはどうすればよいのでしょうか。

別のスキルを身につける

年収を上げる方法のひとつめは、別のスキルを身につけること。DTPデザイナーは需要が縮小していることもあるため、将来性に不安を感じている人にもスキルアップはおすすめしたい方法です。

DTPデザイナーが新たに身につけるスキルとしておすすめなのは、Webデザインやフロントエンドのコーディングです。Webデザイナーやフロントエンドエンジニアは、今後も需要がなくなることはないと言われている上、DTPデザイナーとしてのスキルも活かすことができます。

いずれもWebに関する知見は必要ですが、Webデザイナーであれば、Webの一般的なレイアウトなどWebデザインに特化した知識を、フロントエンドエンジニアであればHTML・CSS・JavaScriptなどのコーディングスキルを中心に身につけましょう。

より待遇のいい会社へ転職する

前項でも少し触れましたが、同じDTPデザイナーであっても会社によって待遇や給与は全く異なります。下請けの制作会社になるとどうしても年収が低めで、労働時間も長くなりがちです。

一方、大手広告代理店や出版社、メーカー等で勤務すれば、職場環境や福利厚生等を含めて待遇がよくなる傾向にあります。特に大手企業であればあるほど、制度が厳しく設計されているため、ブラックな労働環境を回避できる可能性が高いです。

もちろん一概に言えることではありませんので、企業選びはじっくり行う必要がありますが、より待遇のよい会社へ転職する方法自体は候補に入れてみてもよいでしょう。

フリーランスになる

フリーランスとして独立するのもひとつの手です。会社員よりもフリーランスのほうが年収が上げやすいので、現状の年収に不満を抱えている人は独立を考えてみるのもよいでしょう。

会社員は仕事が増えても固定給は変わらず、給与を上げていくためには時間がかかります。一方フリーランスは、案件を請け負っただけ収入が積み上がっていくのが特徴。働く時間や場所、受ける案件が自由なのも大きな魅力と言えます。

とはいえ、自ら営業を行って案件を探すのが大変、収入が不安定などフリーランスにデメリットを感じる方も多くいます。そのような方はフリーランスエージェントを利用するのがおすすめです。フリーランスエージェントは自分に合った案件を提案してくれる上に、契約や単価交渉も間に入ってくれます。また多数の案件を保有しているため、契約が終了しても次の案件に移りやすいというメリットも。

少しでもフリーランスに興味がある方は、一度相談してみてください。

まとめ

あまり平均年収が高くないDTPデザイナーですが、スキルアップや転職などで収入を増やしていくことは十分に可能です。これからDTPデザイナーを目指そうと思っている人や、現在の収入に悩んでいる人は、本記事を参考にして収入アップを目指してみてくださいね。

Web・ゲーム業界の求人・案件に興味がある方へ

Web・ゲーム業界のクリエイター専門

レバテックに相談する3つのメリット

  • 01

    業界最大級の

    案件保有数

  • 02

    業界内最高レベルの

    高単価

  • 03

    参画後まで丁寧な

    サポート

あなたにぴったりの案件をご提案いたします