週3日から可能案件特集

週3日から可能
案件特集

今注目の「週3日」という働き方!週3日から可能な案件を集めました!

コーディネーターからのアドバイス

ハイスキルな方歓迎!経験が豊富な方は是非チャレンジしてみてください。

加藤大貴

コーディネーター
加藤大貴

一見ハードルが高いと思われがちな週3日からの案件ですが、傾向として「将来的に週3日を希望する」というケースであれば間口も広がることが多いようです。 背景として、現場ごとで作業の進め方が異なる部分があるため、まずはしっかりと現場に馴染んでいただきたいという事情があると思われます。 これまでにデザイナーやクリエイターとして豊富な実績を積んでいる方は、 即戦力として活躍できるため週3日などの調整もしやすくなる傾向にあります。 もし気になる案件がある場合、『挑戦する』という形でエントリーしてみるのもよいでしょう。 案件数自体は比較するとどうしても少なくなってしまいますので、まずは話を聞いてみる、という姿勢が大切です。

コーディネーターに相談する

業界動向

事業会社のデザイン系案件が多い傾向。

週3日から参画できる案件は、家庭と仕事のバランスを重視したいという方や、 既に自身が手がけている案件の傍ら、より収入アップに繋げたいという方などに人気があります。 案件内容の特徴として、情報共有や連携が頻繁に発生するポジションはあまり案件が出にくく、切り出しやすいLPや、バナーデザイン作成などが比較的発生しやすい傾向にあります。 また、企業の特徴として、Web制作会社よりも事業会社に案件が発生しやすい傾向があります。これは、事業会社の場合、デザインタスクの量が一定ではないため、繁忙期などにおいて、週3日程度の作業が発生することが多いからです。

より詳しい業界動向を聞く

フリーランス特集ステップ

人気の言語の求人・案件情報