クリエイター職種図鑑33.レタッチャー

レタッチャーの主な仕事内容

写真の加工や補正を専門とするクリエイター

レタッチャーとは、写真の補正・修整などを行う職種です。広告や雑誌、カタログといった媒体で使用される写真をPhotoshopなどツールを用いて補正・修正(フォトレタッチ)することがレタッチャーの仕事です。具体的な作業内容としては、コントラストなどのトーンの調整、質感の修正・調整、写真の合成などがあり、様々なデジタル技術を用いてよりクオリティの高い写真に仕上げることが仕事です。オファーはカメラマンや制作会社、ライターなどから受けることが多く、レタッチで作り込むような写真の場合は打ち合わせや撮影の段階から参加することもある職業です。クライアントがどのようなレタッチを求めているのかを的確に捉えることがレタッチャーには必要です。

レタッチャーの求人・案件について

レタッチャーの求人・案件ではレタッチ作業を求められるため、画像処理ツールのスキルは必須です。特にPhotoshopは、多くの求人・案件で必須スキルとして挙げられており、習得しておく必要があります。また、レタッチャーはカメラマンやアートディレクターなど多くの人と関わりながら仕事を行うため、クライアントのニーズを汲み取るためのコミュニケーションスキルは必須です。加えて、製版・印刷後の工程まで考慮したレタッチができるとより活躍の幅も広がるでしょう。現在レタッチャーの募集は、広告、Web、出版などの様々な業界で出されており、スキルがあれば幅広い分野のレタッチャーの求人・案件にチャレンジすることができます。

レタッチャーの資格

レタッチャーに必要な資格は特にありません。しかしツールを使った画像処理に関する資格を持っておくとスキルの証明になります。画像処理ツールの代表的な資格には「Photoshopクリエイター能力認定試験」があり、Photoshopによる画像の編集や調整加工のスキルが認定されます。認定基準は2つに分かれており、Photoshopの基本操作や作業を問われる「スタンダード」と、Webデザインの基本的知識や目的に対する創造的な制作ができるかといった「エキスパート」があります。実践的な内容になっており、実際に役立つ知識やスキルを身に付けることもできるため、レタッチャーを目指す方にもおすすめの資格です。

レタッチャーになるには

レタッチャーになるために、何らかの資格が必要になるということはないようです。しかしながら実際にレタッチャーとして求人・案件に参画するには、相応のスキルが求められます。レタッチャーの作業目的は、写真の修正・補正によって素材の質を高めること。そのためには、写真・デザイン・画像加工などの知識を持ち合わせていることはもちろんのこと、依頼者の要望に沿った素材に仕上げられるよう、ヒアリング能力・コミュニケーション能力を養うことも必要と言えるでしょう。なお、画像加工に関しては、グラフィックツール「Adobe Photoshop」に習熟していることが参画条件となる求人・案件が多い傾向にあります。

レタッチャーの将来性

レタッチャーの成果物は、各種広告宣伝物やカタログなど、日常生活で頻繁に目にする機会があります。レタッチャーが求められる業界自体、広告や出版はもちろん、近年ではWeb系分野にまで拡大。レタッチ関連のソフトおよびサービスも増えつつあるようです。以上のことから、レタッチャーは将来性のある職種と言うことができるでしょう。初めからフリーランスとして活動するのも手ですが、企業に就職して着実に経験と実績を積んでいくという方法もあります。いずれにしても、必要なスキルさえ身についていれば、多種多様な領域においてレタッチャーとして求人・案件に参画できる可能性があると言えるでしょう。

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。