クリエイター職種図鑑36.サウンドクリエイター

サウンドクリエイターの主な仕事内容

-

サウンドクリエイターの業務は、ゲームの効果音や映画のサウンドトラック、アニメのテーマ曲などを作ることです。「作曲家」もサウンドクリエイターと呼ばれることがありますが、サウンドクリエイターは作曲だけでなく、時にはコンピュータによって音楽をプログラムへ変換する作業も担当します。
また、ゲームサウンドクリエイターの場合、作曲者とサウンドプログラマーで分業することがあるようです。
サウンドクリエイターは、業務を進める上でプロデューサーやクライアントなどと意思疎通を図る機会があります。活躍するためには、予算や締切、依頼主の要望などをしっかり把握し、ニーズに沿った音楽を制作することが大切です。

サウンドクリエイターに必要なスキル

サウンドクリエイターは、音楽の制作能力のほか、DAWソフトの使用スキルが必要です。DAWは「Digital Audio Workstation」の略であり、音楽制作に必要な機能が備わっているシステムのことです。DAWソフトでは、音声の録音や音質の調整のほか、ミキサーを使ったバランスの調整、マスタリング、ミックスダウンなどが行なえます。
サウンドクリエイターはプロジェクトに関わるスタッフと連携して業務を進めることがあるため、コミュニケーション能力は必須です。ニーズを的確に把握する力や協調する姿勢が大切であるといえるでしょう。

サウンドクリエイターの資格

サウンドクリエイターに必須となる資格はありませんが、一般社団法人「音楽電子事業協会」が実施する「MIDI検定」を取得しておくと業務に活かせるかもしれません。
MIDI検定とは、MIDI規格の内容理解・活用レベルを証明する検定のこと。級は入門クラスの4級から最上級クラスの1級まであります。
MIDIは、「Musical Instrument Digital Interface」の頭文字をとったもの。MIDIは、電子楽器やコンピュータなどの機種に関わらず、音楽の演奏データを伝達できる統一規格です。MIDIの知識は、サウンドクリエイターとして働く上で必要になるということを覚えておきましょう。

サウンドクリエイターになるには

サウンドクリエイターとして働くためには、ゲーム制作会社やゲームメーカー、音楽・アニメなどの制作会社に就職するのが一般的です。
これらの会社に就職するためには、サウンドプログラミングや作曲能力を測る実技試験のほか、筆記試験や面接試験を突破することが必要となります。サウンドクリエイターには、情報工学部出身者や、音楽大学・サウンドクリエイターの専門学校を卒業した人などがいます。
雇用形態は、正社員だけでなく契約社員やアルバイトなどもあるため、スキルや経験、希望する働き方に応じて選択すると良いでしょう。

サウンドクリエイターの将来性

スマートフォンやタブレットが急速に普及し、ゲームアプリの人気が高まっていることから、サウンドクリエイターの需要は増えています。
ただし、サウンドクリエイターは人気が高い職種の1つであり、特にアニメやゲームの音楽制作は高倍率になっているのが現状。希望するサウンド制作に関わるには、作曲のスキルやDTMなどの専門的な知識を高めることが必要です。
サウンドクリエイターは将来性のある職種といえますが、時代のニーズに合う音楽の制作能力のほか、プログラミングなどの高度な技術を身につけることで活躍の場はより広がるでしょう。

いきなり相談に行くのは不安な方へ

フリーランスになった時、どんな案件を提案されるのかメールでわかる!

クリエイターの皆様をサポート

スキルに不安がある方、資格を持っていないという方も安心してください。企業に参画するまでをクリエイター専門のコーディネーターが徹底的にサポートいたします。

フリーランスクリエイターに必要な情報、集めます

クリエイターの業界情報や、作業に役立つTipsも紹介しています。これからクリエイターになろうとしている方は必見のコンテンツです。