HTMLコーダー
派遣求人特集

HTMLコーダー

コーディネーターからのアドバイス

HTMLとCSSの知識が必須です。HTMLコードを手打ちで記述するスキルも必要です。

HTMLコーダーは、HTMLとCSSを使用してWebページを作成する職種です。Webデザイナーのデザインを、ブラウザで不具合なく表示できるよう、各Webページを作成する役割を担っています。そのため、HTMLコーダーにとってHTMLとCSSのスキルは必須で、プラスアルファでどんなスキルを持っているかが重要です。複数のブラウザできちんと表示できるようコーディングを行うことが求められるので、HTMLタグを手打ちで記述できるスキルは最低限必要です。SEOやアクセシビリティ、ユーザビリティを考慮してコーディングするスキルが要求される求人も少なくありません。派遣のHTMLコーダーとして活躍するために身につけておきましょう。

業界動向

HTML、CSSの知識は必要ですが、経験の浅い方でも活躍できる求人があります。

HTMLコーダーの派遣求人では、Web制作の実務経験や、HTMLやCSSについての知識と経験が要求されます。エンタメ系の会社やマスコミ関係など、さまざまな企業で活躍することが可能です。中には、WebデザイナーとHTMLコーダーを兼務するという求人もあります。Webデザインができ、コーディングスキルも持っているベテランの方には、幅広い仕事ができやりがいを感じられるのではないでしょうか。また、派遣求人では業務委託案件と違い、経験の浅い方でも申し込み可能な求人がある場合があります。まずは派遣のHTMLコーダーとしてさまざまな企業で働き、キャリアを積むといった働き方ができるのも派遣のメリットです。

オススメのHTMLコーダー求人

    ご登録後のサービスの流れ

    • 01

      カウンセリング

      Webデザイン業界に精通したコーディネーターが派遣について説明、ご経験・スキルやご希望条件などカウセンリングいたします。

    • 02

      お仕事の紹介

      カウンセリングで伺った希望に沿ったお仕事を数多くご紹介します。ご希望の場合は、実際に職場を見学していただくことも可能です。

    • 03

      お仕事の決定と手続き

      お仕事が決まったら、当社へ入社手続きおよびコーディネーターから就業にあたっての諸連絡をさせていただきます。

    • 04

      就業開始

      派遣先企業での就業がスタートします。