Webマーケターの平均年収は?1000万円稼げる?

Webマーケターの平均年収は?1000万円稼げる?
現代のビジネスには欠かせないWebマーケター。転職市場でも人気のマーケティング職ですが、平均年収はどれくらいなのか気になる人も多いはず。そこで今回は、正社員WebマーケターとフリーランスWebマーケターを比較しながら、年収の相場を解説します。。

目次

Webマーケターの仕事内容

Webマーケティングとは、Webを活用してマーケティングを行い、会社の売り上げに貢献する仕事です。Webマーケティングというと広告運用をイメージしがちですが、SEO対策・メルマガ配信・サイト改善・コンテンツマーケティング・UXリサーチなど、その業務内容は多岐にわたります。まずは、代表的なWebマーケティングの仕事内容を紹介します。

広告運用

Google・Yahoo・Twitter・LINEなどで広告を配信する仕事です。広告のクリエイティブ制作、広告の配信設定、配信後の改善などを担当。媒体ごとにユーザー層や設定方法が異なるため、その違いを理解しておく必要があります。

SEO対策

検索エンジンにおいて自社サイトが上位に表示されるよう対策をする仕事です。対策キーワード選定、コンテンツディレクション、サイト改善などマルチなスキルが求められます。エンジニアやデザイナーなど関係者を巻き込んでいく推進力も必要です。

SNS運用

TwitterやInstagram、FacebookなどのSNSに投稿を行う仕事です。フォロワー数やエンゲージメントなどKPIとなる指標は企業によって異なります。インフルエンサーを起用した宣伝を企画する「インフルエンサーマーケティング」も、SNS運用の仕事の一環です。

Webマーケターの平均年収はどれくらい?

サービスやプロダクトの売上拡大に欠かせないマーケティング職ですが、年収はどれくらいなのでしょうか。会社員の場合とフリーランスの場合に分けて解説します。

会社員Webマーケターの年収

会社員Webマーケターの年収は、勤続年数によって大きく異なります。求人サイトに出ている内容を確認したところ、未経験者の平均月給は23万円~25万円、賞与などを含めた平均年収は430万円~490万円前後。経験者採用の場合は480万円~660万円前後でした。会社の規模やポジションなどによっては、700万円~1000万円の年収を得られることもあります。

賃金構造基本統計調査によると、全体の平均年収は約455万円。この年収と比較すると、Webマーケターの年収は高いと言えるでしょう。

フリーランスのWebマーケターの年収

フリーランスはスキル経験により、得られる報酬が変わります。フリーランス案件を確認したところ、月給50万円~80万円程度の案件が多く見られました(2021年9月時点)。年収は単純計算で、600万円~960万円程度。高いもので月給150万円前後、低いもので月給30万円~40万円程度です。

フリーランスWebマーケターは、複数案件を同時に請けることができ、週1~2日の案件も豊富なため、会社員よりも稼ぎやすい傾向にあります。スキルや実績に自信があり、うまく案件を獲得することができれば、フリーランスの方が収入を増やせるでしょう。

Webマーケターで年収1000万円は可能!年収を上げるためには?

誰もが一度は夢見る年収1000万円。Webマーケターは比較的年収1000万円に近い職種と言えるでしょう。実現するためには専門性を極める方法と幅広い知識を身につける方法があります。

専門性を極める場合はフリーランスがおすすめです。広告運用を極めるだけでも年収1000万円は実現可能。Webマーケティングにおいては高度な専門性が武器になるため、得意分野を磨き上げることが年収アップにつながります。リスクとしては、極めたマーケティング手法が陳腐化したときに仕事が減ってしまうことです。

一方幅広い知識を身につける場合は、汎用性が高くマーケティングコンサルタントとしても活躍ができます。会社員の場合は、マーケティング責任者や役員のポジションを目指すのもよいでしょう。しかし、マネジメントスキルや調整力などマーケティング以外のことにも長けている必要がある点には注意してください。

Webマーケティングの需要・将来性

インターネット広告市場は成長傾向にある一方で、デジタルに強いWebマーケターは不足しています。マーケティング領域は奥が深く、経験によって得られるものも多いため、一朝一夕には身につけられません。そのため専門性のあるWebマーケターがいない会社も多いのが現状です。

そのような背景から広告代理店に運用を依頼するケースも多かったのですが、近年はインハウスで運用する企業も増えています。即戦力としてマーケティングを実行できる人材の需要は高く、これから拡大していくでしょう。特にマーケティング組織の立ち上げや組織化ができる人材は重宝されると考えられます。

まとめ

フリーランスのWebマーケターは、案件探しや作業ペース、報酬・契約に関することまで、全て自分で管理する必要があります。しかし、自分の努力と実力次第では会社員を上回る年収を得ることも可能です。実践や実務を通してスキルを身につけ、自分なりの働き方を見つけてください。

Web・ゲーム業界の求人・案件に興味がある方へ

Web・ゲーム業界のクリエイター専門

レバテックに相談する3つのメリット

  • 01

    業界最大級の

    案件保有数

  • 02

    業界内最高レベルの

    高単価

  • 03

    参画後まで丁寧な

    サポート

あなたにぴったりの案件をご提案いたします