XHTML の求人・案件一覧

XHTMLとは

コーダーの求人・案件で求められるスキルには、HTML/CSSなどがあります。HTMLは、Web上に文書を記述するためのマークアップ言語ですが、それをXMLの文法で定義し直したマークアップ言語がXHTMLです。XHTMLは、自由度の高いHTMLの曖昧さ回避するべく、規約の統一を目的として生み出されました。ブラウザ間の互換性の安定性、ユーザビリティ・アクセシビリティの向上、SEO対策といったメリットを持ちますが、記述が厳密であるためコーディングには高い正確性が要求されます。
XHTMLの記述ではCSSを用いることが前提です。XHTMLとCSSを用いることで効率的且つ魅力的にデザインを行うことができるため、XHTMLコーダーの求人・案件ではどちらのスキルも求められます。XHTMLコーダーを目指す場合は、HTMLコーダーと同じくポートフォリオがあればスキルの証明になり有効です。

XHTMLとは、HTML(Webページを記述するための言語)をXMLの文法で定義し直した言語のこと。XMLはソフトウェア間の情報交換などに使用される言語であり、XMLとHTMLで整合性をとるためにXHTMLがつくられました。XHTMLは、ユーザビリティ・アクセシビリティの向上やブラウザ間の互換性の安定性、SEO対策にメリットがあることを特徴としています。
XHTMLが活かせる求人・案件は、WebデザイナーやUIデザイナー、HTMLコーダーなどの職種が多い傾向に。XHTMLで効率的・魅力的なデザインを行うにはCSSが必要となるため、XHTMLに加えてCSSの知識も身につけましょう。CSS(CascadingStyleSheets)とは、文字の色・大きさや画像のサイズ、背景などを変更するための言語のこと。XHTMLやCSSはWebサイトや書籍を活用して学ぶこともできますが、独学が厳しい場合はスクールへ通うのも1つの方法です。
なお、レバテッククリエイターでは、フリーランス・派遣の方を対象にWeb・ゲーム業界特化の案件提案サービスを行っています。業界に精通したコーディネーターが、丁寧なカウンセリングでご参画をサポート。参画中も専任のフォロワーが定期的に現状をヒアリングし、適切な支援を行っています。HTMLに関わるクリエイターの求人・案件をお探しの方は、レバテッククリエイターにご相談ください。

募集が終了した案件

募集は終了していますが、参画先を探す際にお役立てください

もっと見る