• 企業詳細

株式会社アカツキ

事業内容

株式会社アカツキは、「想いを込めてモノ作りを」をコンセプトにソーシャルゲームアプリやスマートフォンに特化したサービスの配信を行っているゲーム制作会社です。
「ゲームの力で世界に幸せを」をミッションに掲げ、自社オリジナルやテレビアニメなどとコラボレーションしたりなど、
様々なジャンルのゲームを世に送り出し、多くのユーザーからの支持を得ています。
海外進出にも注力しており、2013年4月に同社の代表的なタイトルであるソーシャルゲーム「シンデレラナイン」の韓国語版をリリースしています。同年8月には韓国と台湾で「シンデレライレブン」をリリースし、台湾オフィスを開設されています。国内だけでなく世界を視野に入れたゲーム開発を実施し、今後ますますの活躍と展開が期待されている企業です。

<主な事業内容>
・スマートフォンサービスの企画および開発
・ソーシャルアプリの企画および開発

<主なタイトル>
■自社タイトル
「サウザンドメモリーズ」
「シンデレライレブン」
「シンデレラナイン」

企業情報

資本金 270,600万円
設立年月日 2010年06月01日
代表取締役 共同創業者 代表取締役 CEO 塩田 元規,共同創業者 取締役 COO 香田 哲朗
従業員数 100名
平均年齢 29.0歳
最寄り駅 目黒
所在地 東京都品川区上大崎2-13-30 oak meguro 8階
株式公開 公開

企業の特徴

<大切にしている3つのこと>
株式会社アカツキでは、プロフェッショナル・エキサイト・リレーションシップに重点を置いたチーム作りが行われています。
高い専門性はもちろん、プロとしてのマインドや姿勢を備えていること、成長意欲を持つこと、遊び心を忘れないことなど人との繋がりを大切にされている現場です。
社内にはゲーム制作における各分野のプロが在籍されており、同社の求人・案件に参画することで様々な刺激を受けることができ、スキル向上へとつなげることができるでしょう。

<数々の受賞歴があります>
有限責任監査法人トーマツが発表する「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」や、
Great Place to Work(R) Institute Japanが開催している「働きがいのある会社」ランキングなどでの受賞歴があります。
「デロイト トウシュ トーマツ リミテッド 日本テクノロジー Fast50」では、2014年に3位を獲得、2015年には1位を獲得しています。
「働きがいのある会社」ランキングでは、2014年・2015年と2年連続でベストカンパニーを受賞されています。

<ストレスフリーな職場環境>
オフィスはコテージをテーマにした内装となっており、ドアや壁、フロアには木材が使用されている他、
社内の至るところに植物が配置され、緑を感じながら仕事をすることができる環境となっています。
休憩室にはバーカウンターが設置されており、好きなコーヒー豆を持ち込んでコーヒーを楽しむことが可能です。
他にも芝生部屋やフリースペースなどが設けられており、スタッフがストレスを感じることなく仕事に集中できるよう配慮されています。